SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ やさぐれ獅子 ~二十三日目~ 53-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 深層意識よりも更に深い深い暗闇。永遠に封印されるべき領域で、満たされぬ欲望に苦
しみ蠢く魔獣。
 加藤は試練を乗り越える過程で、奥底に潜む魔獣に気づき始めていた。
 初めて体感したのは自らの偽者に打ち勝った瞬間である。明らかに空手では上回ってい
た偽者を葬り去った一撃。あれが始まりであった。
 一流と呼ばれる格闘士は皆、心に餓えた獣を宿しているが、加藤はそうではない。凶器
をためらわず使用し、人生を捧げた空手さえ道具と断じた男に、獣などという高貴な象徴
が棲みつくわけがなかった。
 加藤が宿していたのは魔獣。不規則に生えた牙、猛毒を含んだ爪、異常に肥大した眼球、
醜悪としか評しようがない手足、誰もが目を背ける下賤な存在。ただひたすらに殺傷能力
しか取り柄がない魔獣であった。
 今までは無意識に魔獣の出現を抑えていた。もしこれが外に飛び出したら、パンドラの
箱のように不吉をまき散らすのではないかという予感があった。
 しかし、もう我慢することはない。
 鎖を解いてやろう。思う存分暴れさせてやろう。
 ──強くなるためならば。

 試練が島に上陸した。
 正真正銘のエリート。精鋭中の精鋭。武神にもっとも愛された戦士。
 きっちりと律儀な程に分けられた髪に、ダークスーツ。頬骨が浮くほどの細面だが、眼
に灯された光は限りなく熱く重い。
 両手足は兵器、岩はおろか大気すら切り裂く。ひとたび体を絡め取れば、骨だけでなく
心までへし折る。
 死角は絶無。百戦錬磨に育まれた第六感は、米軍の最新式レーダーよりも正確に敵の座
標を知らせる。
 徹底した平常心。いかなる危機も好機も、彼にとっては過程に過ぎない。いかなる勝利
も敗北も、彼にとっては結果に過ぎない。
 本日、彼に下された使命は、
 ──加藤清澄を殺害せよ。
 まもなく二人は出会った。
 無人島の浜辺は、愛し合うにも殺し合うにも絶好のスポットだ。
「今日の試練はてめぇか。……強いな」
 眼力から弾き出される敵戦力。加藤は対戦者がこれまでにない猛者であると直感した。
「ところでよぉ、試練の試すって字は、多分俺が試されるって意味なんだろうな」
 両手が正中線を守っている。精鋭に隙はない。
「だがよ、今日は逆だ」
 加藤が歩を進める。足を引きずりながらの歩行は、空手家というよりは亡者に近い。
「俺が試してやるよ。おまえで“試し割り”だ」
 間合い(エリア)が触れ合う。
(さァ……もう誰も止めやしねぇ。好きなだけ暴れてやれッ!)
 一切の理性を閉ざす。加藤は生まれて初めて魔獣に身を捧げた。どうなってしまうのか、
当人でも予想はできない。
 自然と喉が鳴る。
「ウオ、オオ……」
 顎に上段前蹴りが飛んだ。したたかに舌を噛むが、加藤は叫ぶのを止めない。
「雄雄雄雄雄雄雄雄雄雄ッ!」
 空手を駆使し、荒れ狂う魔獣。
 瞬時にガードを切り裂かれ、ズタボロにされる精鋭。単独による単独への集中砲火であ
る。
 精鋭は劣勢を晒しながらも、客観的に戦局を分析していた。猛攻から加藤の致命的な癖
を見抜き、挽回策を練る。反撃への道筋(チャート)は開けた。
 ところが、なぜか四肢が起動しない。
 手に腕を取れ、パンチを打てと命じるが無視されてしまう。
 足に蹴りを放て、一度離れろと命じるがこれまた無視される。
 時すでに遅し。彼の肉体はとっくの昔に空手によって破壊し尽くされていた。
 液体となって朽ち果ててゆく精鋭になど目もくれず、加藤はすがすがしい表情で浜辺に
立ち尽くしていた。
 神々の大地にて、背後に巨漢を従え、武神は座禅を組んでいた。樹齢千年を超える大木
にも匹敵する堂々としたその姿は、周囲にまで静寂をもたらせていた。
 程なくして、小鳥の姿をした部下から急報が届けられる。
 精鋭戦士の惨敗。これを聞いた武神は静けさを保ったまま呟く。
「試し割られたというわけか。なるほど、もはや私の部下では瓦ほどの役にも立たないと
いうことだな」
 互いに外見とは対極の能力を持つ老人と若者のタッグ。
 ゲームに相手を誘い、心理戦で敵を討つ少年。
 神々の間でもパーフェクトと呼ばれるほどに闘争を極めた精鋭。
 これらはことごとく敗退した。それどころか武神直属のエリートが、試すどころか試し
に使われるという不甲斐なさ。残りもいるにはいるが、同じように準備体操相手になるだ
けだと武神は判断した。
「彼が一皮むけたならば、予定を変更せざるをえまい」
 後ろに控える巨漢が「次は俺にやらせろ」といきり立つが、武神は振り返りもせず取り
合わない。
「はやるな。君はまだ強化が不十分だ」
 武神は巨漢を制し、座禅を中断してゆらりと立ち上がる。より凶悪な試練を派遣するた
めに。