SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ DBIF49-4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

半年後。
ブルマの家の前にクリリンと人造人間18号が立っていた。
「いよいよ出発だな。死ぬなよ」
「あ、ああ。まあ俺は精々フォロー役だし、死ぬことはないんじゃないかなー、なんて」
どことなく自信なさげなクリリンの前でドアが開き、その向こうから悟飯、ベジータ、トランクスの3人が現れた。
「いよー悟飯。トランクスにベジータも」
「お久しぶりです、クリリンさん」
「お久しぶりです」
「ふん、怖気づかずに良く来たな」
悟飯も、トランクス、ベジータも相変わらずの反応だった。ただ一つ違っていたのは、
「あれ?お前また少し大きくなったんじゃねーの?」
「そうですか?自分じゃ、あまり気付きませんけど」
クリリンの言う通り、わずか半年前に比べて悟飯の背が伸びていた。今ではわずかにクリリンより高いくらいになっている。
「よう、久しぶり」
続いてヤムチャが現れた。既に棄権を表明しているためか、気楽な顔で笑いつつ、服装も普段着であった。その後ろには
やはり普段着の天津飯と餃子の姿もある。
「揃っているようだな」
「お久しぶりです、皆さん」
最後に現れたのはピッコロとデンデだった。ピッコロはいつもの姿だが、デンデは両手に、容器に収まった彫像のようなものを
抱えている。おそらくは向こうで神龍となる原型だろう。
「それではタイムマシンに向かいましょう。こちらです」
トランクスの案内で、未来行きのメンバーとヤムチャ、天津飯、餃子、18号は、ブルマの家の庭にあるタイムマシンへと向かった。

個人の家の庭とは思えないほど広い土地に、以前悟空のために作られた宇宙船を思わせる巨大なタイムマシンが居座っている。
タイムマシンの入り口にはブルマの姿があったが、何故か見知らぬ男がその隣に立っていた。
茶色の髪をラフに纏め上げ、珍しい灰色の瞳をした顔はトランクス並に整っている。体格はかなり大きいが、特別筋肉質という
わけでもない。その身体にシンプルな黒いシャツを着て、その上に厚い襟のついたジャンバーを羽織っている。やや色の褪せた
ズボンからは、硬質感のある靴が覗いていた。両耳にシンプルなピアスをつけてはいるが、軽い雰囲気は見られず、むしろ
どっしりと落ち着いた気配を漂わせている。
「あ、来た来た。エネルギーはたっぷり充填したし、いつでも出発できるわよ」
「わざわざ迎えてもらってすみません。ところで隣の人は・・・」
トランクスの言葉に、ブルマは悪戯っぽい笑みを浮かべると、隣の男に目配せした。
「久しぶり、というのもおかしいな。俺はこのブルマさんに造られた、人造人間タイプCC。通称スパッツという」
「人造人間?!」
クリリンが驚きの声を上げる。他の者も声こそ上げなかったものの、クリリン同様ショックを受けた表情でスパッツを見ていた。
「以前、人造人間16号をいじくらせてもらった時に得た知識から、私が作ったのよ。もちろん人を襲うことはないわ。それにスパッツの
人工知能には、あのセルゲームでほとんど破壊された16号の人工知能から、可能な限りサルベージできた知識や記憶を入れてあるの。
言ってみれば、生まれ変わった16号ってとこね」
「はあ、なるほど・・・(外見が全然違ってるのは、完全にブルマさんの趣味か)」
間の抜けた返事を返すクリリンをよそに、ブルマは皆のリアクションに満足した笑みを浮かべながら言葉を続けた。
「座席は1つ空いてるんでしょ?だったらこいつを連れて行くといいわ」
「今のこの身体でどの程度役に立てるかはわからないが、出来る限り協力させてもらう」
こうしてスパッツを加え、定員の7人となった一行はタイムマシンに乗り込んだ。
トランクスの操作で入り口のドアが閉じ、機体が細かく振動を始めたかと思うと、空高く浮き上がる。
「行ってらっしゃーい」
「死ぬんじゃないぞ」
ブルマや18号の声が飛ぶ中、タイムマシンが光に包まれ、一行は未来へと飛んでいった。