SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ 過去編第005話 1-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 私の名前は秋戸西菜。ぶ厚いメガネがトレードマークの小学3年生。
 今日はまだ幼稚園の女のコ連れ込んじゃっています。ここは人気のない公園の裏手。今にもオバケや痴漢さんが出てき
そうでこの上なく怖いです(ドキドキ)
「ママー」
「ママー」
「ママー」
 しかしくじけてはなりません。私はこの子のお母さんを探すためにここまで来たのですから。この上なく大事な用事だって
あります。頑張れ。負けるな私。ファイトです!

 始まりはいつも突然! 大事な用事のために街を歩いていた私は、お母さんからはぐれたこのコと出会いました。そして
ここまで来ました。
「ママー」
「ママー」
「ママー」
 ……ぬぬっ。見つかりませんね? しかしそれもその筈、実はここにお母さんなんていません。「ここで見掛けたから一緒
に行きましょう」 連れ出すときに私はそう言いましたが実はこれ、真赤なウソだったりしちゃうのです!
 そう、ここにお母さんはいません!
 さわさわ。さわさわさわ。ぬぬー。いい風です。枝さんたちが揺れていい感じにさざめきます。静かです。辺りには人の
気配なんてまったくありません。邪魔されるコトはありません! チャンスです!
「ママー」
「ママー」
「ママー」
 いまお母さんを探しているこのコを殺すには最高のシチュエーションですっ!
 半ズボンにしまっていたのはジャンジャジャーン! 果物ナイフぅー! (柄を持ったままポンと手を打つ私とてもステキ!)
リンゴの皮しか剥けないけど小さいコの首ぐらいならスパっとやれますやれる筈! 頑張れ! 頑張れ私! ファイトですっ!
あのコはお母さん探すのに夢中で振り向いてません! なのでチャンスなのです。今日こそ殺して埋めるのです! 理屈な
んてありません! 私はただ人を殺しちゃいたいのです! それが私の本性ですし、本性を満たせばこの上なく変な体質も
直っちゃうはずなのです! ぬぬぬぬぬうう! 思えば何度、何度このヘンな体質で損をしたコトでしょう。(グスン) だから
頑張ります! ヘンな体質を治してフツーの女のコとして生きるのです! だから殺ります! うぉーっ!
 駆ける私! 振りかざすナイフ! 銀色の軌跡はついに女のコの首に吸い込まれ!
 そして!
「マm……あ! 1万円札だー!」
 え? わっわわ、ちょっと! 急にしゃがまないで下さいよぉー!
 わーっ!!!

…………。

「大丈夫お姉ちゃん? 転んじゃったの?」
 うぅ。見ての通りです。私はいまイチョウさんの根元で這いつくばってます。鼻血を出しお尻だけ高く上げてる姿はシャクトリ
ムシさんみたいで格好悪いです。この上なく情けないです。急に女のコがしゃがんだから、この上なく勢い余ってつまずいて、
イチョウさんの幹に鼻をぶつけてしまったのです……。ああ、木の幹には一条の紅い線。あれは私の鼻血なのでしょう。こ
の上なく痛いです。血は止まる気配があり……え? 泣かないで? うぅ。ありがとう。この上なくありがとうございます。こん
な私を心配してくれて……。でも泣いてるのは鼻が痛いからじゃありません。聞こえませんか? あなたの名前を呼ぶ声。
あれはきっとあなたのお母さんの声……。
 ああ、失敗です。この上なくグダグダです~~~~~~!!

「よく連れて来てくれたわね。ありがとう。ちょうどさっきまでそこを探していたのよ」
 ぬぬ……。お構いなくです。ああああ、ウソから出た誠とはまさにこのこと、まさか本当に探していていたとは。そして入れ
違いに来たこのコの声を聞いて戻ってきたとは……。
「ありがとうお姉ちゃん。1万円あげる!」
 い、いいです。それ受け取ると良心がますます痛みそうで……あ、ティッシュありがとうございます。
 名前? い! いえ! 名乗るほどの者ではありません。というかこのコ殺そうとしてた私が名乗るなんて……!
 あああああ! あうあうあわわわー!!!
 失礼します!

 公園を出るなり全力ダッシュです! 涙と鼻血がたなびいてます。マンガやアニメなら背景にほわほわした点描が浮いて
いるかも知れませんね。アニメ嫌いですけど、そう思うほど置かれた状況は滑稽ですよお。私、笑ってます? あ、笑って
ます。ヤケな笑いを浮かべてます!

 ああ! いつもこうです! 誰かを何かを殺そうとするたびこんなコトになっちゃうのですーーーーーーーーーーー!!!

 私は命を奪いたくて仕方ない性分なのです! でも、どんな動物でも殺せたコトはありません!
 アリさん潰そうとしたらBB弾踏んでずっこけたり(アリさんは無事)、粘着シートにかかったドブネズミさん焼き殺そうと天ぷ
ら油掛けたら脱出されました。というか飛びかかられました。びっくりした私は火の付いたライターを落としてしまい、足に火傷
を……。年老いたノラネコさんならばと(もう十分生きましたし、最近なんだかぐったり気味だったので。安楽死です)Drキリコ
気分で脳天めがけ金槌を振り下ろしましたが、突然近くにあったマンホールが爆音とともに舞いあがり、私の後頭部を直撃!
何かの拍子で下水道に溜まっていたメタンガスがですね!(グス) 何かの拍子で爆発したらしいのですよぉ。奇跡的に3日
の入院で済みましたけど、済みましたけど……嬉しくなんかありません! ちなみに殺そうとしたネコさんは私が落としたハ
ンマーがなんか元気の出るツボに当たったらしくムリムリと若返って今でもすごく元気です!
 そして果物ナイフ向けた女のコは1万円拾って終わりです!
 今日こそ確信しました!
 私が殺そうとする動物さんや人さんは死なないどころか却って幸運に恵まれるのです!
 しかも逆に私がケガしちゃいます!

 そして!!

 好きになった動物さんや人さんは必ず不幸になっちゃうのですっ!!
 大好きだったおじいちゃんは「おじいちゃん大好き」といった次の日、腹部大動脈瘤破裂で死にました!
 お気に入りのお菓子はいつもすぐ生産中止! 行きつけの喫茶店は必ず火事か強盗殺人に遭います。好きな野球チー
ムは横浜ベイスターズです。
 ここだけの話ですね、「まさかこの人が」って感じで急に死んじゃう有名人さんいるじゃないですか。あれ……ほとんど私の
せいだったりします。ゴメンナサイ! はい。いつもいつもファンになった矢先に……。

 だから私は私が嫌いなのです。好きになりたいのです。

 私の名前は秋戸西菜。ぶ厚いメガネがトレードマークの高校3年生。
 あれから10年ぐらい経ちました。けれど私の置かれた環境は依然そのまま……。
 殺そうとする動物さんや人さんは幸運に恵まれまくっています!
 ぬぬぬぬぬゥー! でもそれじゃ駄目なんですよぉー!!
 私は異常殺人者なのですっ! 両目の瞳孔だって左右で大きさ微妙に違うし(右がチョット大きいです)、恥ずかしい話な
んですが……その、13歳のころまで……オネショ……はい。オネショしてましたし……素質はある筈なんです! 猟奇殺人
犯さんたちはそんなダメな背景を持ってるじゃないですか! だから私もそうなってー、10人ぐらい子供殺してー、ひと通り
世間を賑わしてから捕まって、死刑になるのが一番いい筈なんですっ! それが私の昔からの夢なんですっっ!!
 でもこの年になるまで撃墜スコアはいまだゼロ……。うぅ。
 勉強もダメ。運動もダメ。唯一得意なのは演劇だけです。せめて虚構の中でぐらい猟奇殺人犯になってもいいじゃないで
すか。でもそう思って入った演劇部ではイジメの連続。やれそのビン底メガネが野暮ったい、やれそのボリューム過多の黒
髪が野暮ったい……うぅ。切っても切ってもムワムワしてくるんですよお。メガネのレンズが厚いのは瞳孔の大きさの違いを
隠すためです。ああっ、演劇なんて大嫌い。腹筋も発声練習もすべてイヤイヤやってます。先輩たちも大嫌い。なのに彼氏
ができたり宝くじで10万円当てたりしてます。これもきっと私の体質のせい……嫌いな人ほど幸運に恵まれるのです。ぬぬ。
この上なく妬ましいです。でも嫉妬はダメです。格好悪いです。

 だから私は私が嫌いなのです。好きになりたいのです。

 私の名前は秋戸西菜。ぶ厚いメガネをやめさせられた19歳の声優さんです。
 え! なんで私声優さんになってるのでしょうか! 記憶を手繰ってみます。あ、思い出しました。演劇部の先輩が嫌がら
せで無理やり声優事務所に私のプロフを送りつけ、無理やりオーディションを受けさせたせいですっ! でも私はアニメなん
てこの上なく嫌いです! アニメオタクさんはこの上なく気持ち悪いです! なのに、なのに、なぜか合格しちゃいました……。
そこから先はトントン拍子……なぜかデビュー作で主役を獲得し、そのデビュー作がこの上なく社会現象起こすぐらいヒット
して、半年もしないうちに人気声優になってしまいました。ぬぬ。なんでしょうこの上なくヘンな幸運。私はっ、私は! 演劇
もアニメも嫌いなのです! ただ猟奇殺人犯になって(略)、死刑になるのが一番いい筈なんですっ! グラビアなんて撮り
たくも見たくもありません! なのに仕事は次から次に舞いこみます。豪華な声優さんの座談会ではいつもいつも私はいじ
られキャラ……! 違います! 私は狩る側なのですっ! ああ、違います。こんなの私じゃないですよー。

 だから私は私が嫌いなのです。好きになりたいのです。

 私の名前は秋戸西菜。メガネ再開した小学校の先生です。年はもう27……。ああ、すっかり年老いました。
 声優? 苦労の末少しずつアニメが好きになったのですが、…………心から好きになったその日にですね、事務所がつ
ぶれ、役にも恵まれなくなり、2ヶ月もしない内に業界を干されました……。ぐす。ほら見たコトかですよお! 私が好きにな
ったものはいつもこうなっちゃうのです~~~~~~~~! 一目見てこの上なく気に入ったダウトを探せRは2週間後も
もたずに終わっちゃいましぃ、2000年ごろ愛飲してた牛乳は雪印製でしょ? はい? 大好きではないけどちょっとだけ
気に入ってる芸能人さんですか? ……田代まさしさんですよお。悪いですかあ(泣) 家には転がってるのはセガサターン
やβマックスのビデオデッキです。来年始まる『ふたりはプリキュアSplash Star』はすごく私のツボなんですけど、きっと、
1年だけで終わって別のシリーズが始まるでしょうねえ! (半ばヤケです私!)
 なんで教師になったかですか? 子供が大嫌いだからです。職にあぶれた私はお母さん(お父さんやお母さんは特に好
きでも嫌いでもありません)のすすめで教育大学に進学させられ、嫌だった教職課程をクリアしてしまったのです……。
 いつも思うのですが、私はイヤイヤやるコトほどうまく行ってしまうのです。
 声優時代もそうでした。アニメオタクさんに媚び媚びなキャラほど嫌だったのに、それがもう本当ウケてウケてのし上がって、
なのにすごく純文学的でステキな役は全然ウケない……。やりたいコトほど、好きなコトほどうまくいかないのですっ!
 で! でも! 初めて受け持った子供達はちょっとずつ好きになりましたよ! 「ああ、色々あったけどみんな、大好きで
す。ありがとう」と思った卒業式前日、教室へヘリコプターが落ちてきてみんな死んじゃいましたけどお!(号泣)
 そしていまは学級崩壊のクラスを押し付けられています。毎日毎日教壇に丸められた紙や三角定規が飛んできます。痛い
です。みんな話を聞いてくれません。ああ、やっぱダメです。こんな猫背で髪が野暮ったくて、いつもいつもぶ厚いメガネの
奥で必死なジト目してる私なんかが教師になんて、とても。しくしく……。え、泣いてる先生可愛い? ありがとうです。それは
よく言われます。小学生時代も演劇部時代も声優時代も可愛い可愛いとは言われましたよ。でもね、いつも「残念な美人」とか
なんとかで恋愛対象には見られないんですよぉ。だからこの年でも私はまだ処女です。男の人とお付き合いしたコトなんて
ありません…………。だって好きになった男の人、必ず死んじゃいます。初恋の人はダンプに下半身を吹き飛ばされて即死。
演劇部時代イジメからかばってくれた部長は飛び降り自殺に巻き込まれハンサムな顔がぐっしゃぐっしゃで即死。ダメな私
を何かと教導して下さりたくさんの人から慕われていたベテランの男性声優さんは飛行機事故に遭って即死。今も黒コゲの
顔と右足首のカケラ以外見つかってません。
 呪われてます。私、呪われてます。
 でも人を殺せばきっとこの呪縛も断ち切れるはずなんです。奥底に溜まった敵意さえ解放すれば、好きな人も好きな物も
きっと無事でいられるはずなんですよお。なのに殺せないんですよお。うぅ。

 だから私は私が嫌いなのです。好きになりたいのです。

 私の名前は秋戸西菜。またの名を『黄泉路に惑う天邪鬼(マレフィックプルート)』。クライマックス=アーマードですっ!
 ええっ、ええ! 分かってます! 中二病全開の肩書です! でも盟主様が無理やりつけてきたからしょうがないじゃない
ですかあ! うう。先生だった私がなんでこんなコトに……。
 始まりはいつも突然です! もう学級崩壊のクラスが嫌になった私は、このヘンな体質を逆利用するコトにしました! ハ
イそうです! 敢えて好きになるのです! 好きになれば殺せます! 人を殺せるなら私は私を好きになれる筈だから頑張
ってみなさんを好きになっちゃいました!
 そしたら!
 なんかメカっぽい化け物さんが教室にやってきて、悪い生徒を全部食べちゃいました。
 私はもうパニック状態。腰を抜かしてちょっとお漏らししました。

「あああああああ! イヤです! 私はただ私を好きになりたかっただけなのにぃー。ああ、いつもこうです。好きになった
物はいつも死んでしまいます。嫌いな人は恵まれるのに……。うぅ。妬ましいです」
「……ほう。ヌシ、なかなか面白そうなおなごじゃの。話を聞かせてくれんかの?」
「ぬぬぬ?」

 顔を上げたその先に居たのは隣のクラスの生徒さん。確か……木錫さんとか名乗っていた……。
 紺のブレザーは制服ですね。それに手甲と鎖帷子つけてます。足のストッキングっぽい意匠も鎖です! 分かります!
伊達にメガネをかけてる訳ではありません!

 ああっ、それにしても……始まりはいつも突然です!
 好きでも嫌いでもなかった生徒さんが実は化け物の仲間で、私の生徒を食べ尽くす手引をしていたなんて!
 しかも人類に仇なすため、仲間になれと……。
 ああ、でも私の生徒を食べ尽くすような人たちの仲間になれば、私は今度こそこの手で人を殺せるかもしれません!
 普通に暮らしてる人はこの上なく妬ましいのです。だから『嫉妬』の赴くまま殺したいのです。
 私は……
 私は────!!!
 この体質を治して幸せになりたいのです!

 という訳で修業した結果、私は装甲列車の武装錬金を発動できるようになりました!
 おおーっ!
 ちなみに名前の”クライマックス”は好かれたらクライマックスという理由で付けられました……。



「インディアンを効率良ーく殺す方法をご存じかしら?」  

「まさかあれだけの巨体をいとも簡単に無力化するとは……。大戦士長ともあろう者がとんだ  
不覚を取りました」  

 扉の向こうから声が聞こえてきます! 私の名前はクライマックス=アーマード! この上なくウキウキ中です!!
 もうすぐ出番! 自分の収録を待っているようなこの感覚!! 久々です!! この上なく久々です!!
 よく分かりませんが敵は正義の組織のこの上なく偉い人!! くぅ!! この上なく王道!! 私の脳髄の腐れ的にも萌え萌えです!!
 顔も見ました! 素敵なオジサマ! 大好物の1つですっ!
 囚われ! 無抵抗! そこにあんなコトやこんなコトを!!
 あ、ああ。こう、ウィルさんが攻め攻めな禁断なアレになったりしたら……きゃー!!
 両頬に手を当て年甲斐もなく照れ照れ! 赤いハートマークがぷわぷわですっ!

 ここですか? 漆黒の空間ですよ(ククク)。……足元に立ち込めてる白い煙はドライアイス。私の演出です!
 まーもともとなにか溜まってましたけどもっと分かりやすい方がいいじゃないですかこの上なく!
 周りには男の人や女の人や、あとイロモノさんが合わせて7人。あとずっと後ろには盟主様が立ってます。
 みなさん表情はそれぞれですねー。あ、リバースさん。イソゴさんに騙され中です。
 フフフのフ!! 実はご両親生きてますけどね!! ざまあです。私の腕折ったりエロゲのお誘い断るからそうなるのです。
 なのにご両親をグレイズィングさんのところへ運んであげた健気な私。感謝すべきですよリバースさん! この上なく!
 ああしかしこの上なく全員集合ですねー。ディプレスさん。デッドさん。ブレイクさん。
 殺意を滾らせたり気乗りしなげに佇んだりと反応は様々……ちょ! リヴォルハインさんこっち来ないでください! 
 なんで? だだだだって感染するかもじゃないですか!

 だいたい照星さんに感染してる天然痘ウィルス! あれもリヴォルハインさんじゃないですかあ!
 ぜーっ! ぜーっ! ぜーっ! 良かった向こう行ってくれました……って! なにウィルさん壁に背を預けて寝てるんですか!

 枕片手にコクリコクリ! ダメですよ居眠りは!! いまから本番ですよ!! 声って完全に起きるまで時間がかりますし!
 てか仕事モードになりましょうよぉ。あっちじゃないとウィ照、成り立たないんですってばあ。

 ああ。でもこの上なくいいです。これでこそ悪の組織!! 個性豊かな人たちがたくさん!!
 昔の仕事場もこんな感じでした。嫌になるほど濃い人たちが、常に全力で本気の言葉をマイクに向かってこれでもかと叩きこんでました!
 さあターンしましょう! 均整はとれてますがそろそろ加齢に弛みはじめている華奢な体をこの場でクルリラ一回転っ!
 鼻から綺麗な音符が飛びますよ。私の心はいまバラ色!



「そう。治して差し上げますわよ。ちょうどマレフィックの方々が御到着されましたし」


 扉が、開いた。

(いよいよです!! いよいよこの上なく本番です!! 悪の幹部たる私の力!! とくと見せてあげますよ!! さーナレーションします!)

 ドアがゆっくりと閉じられ──… 
 呼吸困難に苦しむ坂口照星目がけクライマックス=アーマードはゆっくりと歩き出した。(でも心はドキワクですっ!)




 ……ふみゃあああああああああああああああ! 何ですか!! 何ですかコレ! この上なくグロいやり口は!!
 ちょちょちょ、やめましょうよぉこーいうの!! もっとこうジャンプにこの上なく乗せられるレベルじゃないと、萌えが!
 え? 邪魔? 攻撃しないならすっこんでろ? し、し、しますよ攻撃、すればいいんでしょ!! この上なく!
 ぎゃああ! また失敗した!!? そーいえば私はこの上なくヘンな体質! 殺そうとした人が幸運に恵まれ逆にケガしないタイプ!
 だったら! だったら無限増援でこの上なくボコボコに! え? 邪魔? 狭いから出すな?
 そんな! 私だってイヤイヤながら一生懸命やろうと!! なんで文句言うんですかあ。(しくしく)

 くすん。私、悪織に入ってもハブられてます。でも、頑張ります。