SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ 大長編イカ娘 栄子と山の侵略者 12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 相沢千鶴はイカ娘の天敵だった。
 イカ娘が海の家れもんに来た当初、触手を華麗に切断されてから、ずいぶん時が経ったが、
 千鶴がイカ娘に後れを取ったことなど、一度としてない。
 相沢千鶴の特徴は、まずその人の目に映らないほどのスピード。
 一度などは監視カメラをも欺いた。
 そして体力。
 軍隊仕込みとも噂されるが、千鶴がどこでそれを身につけたか誰も知らない。
 そして何より、その手刀の切れ味である。

 腕は細腕。手のひらを眺めても、普通の女性と変わりない。
 しかし、おそらく超スピードによるのだろう、手刀の威力は常軌を逸している。
 単純計算で5倍の物量を誇るイカ娘の触手を、いとも簡単にさばききった。
 柔らかな身のこなしから繰り出される一撃は、自身を傷つけることなく、何度振るわれてもサビることはない。

 相沢千鶴は、常にイカ娘の上位に立っていた。
 だから、初の直接対決といえる今でも、その風格に"負け"の気配はない。
 なによりも意外だったのは、
 二人が全くの互角だったことだ。

 3分、経過した。
 イカ娘は疲れていた。ボクサーが試合に感じる疲れと似ている。
 千鶴=狼娘は、いつもの表情のままである。
 その点だけみれば千鶴=狼娘が有利だが、
 イカ娘の健闘ぶりはムードを変えていた。
「いい加減に……しなイカ!」
 イカ娘の触手が伸びる。その先端が千鶴の肩に食い込んだ"狼娘の牙"に触れそうになったところで、
 千鶴=狼娘の手刀が切り落とす。
 この攻防は3分の間に何度も繰り返されていた。
 違うのは、"切り落とされて"イカ娘がにやりと笑ったことだ。
 触手が、いつの間にか地面から、千鶴=狼娘の足元に絡みついていた。
「隙ありでゲソ!」
 続いて触手が伸びる。
 手刀の最大の弱点はリーチだ。地面の触手に対応しながら正面の触手を落とすことはできない。
 が、しかし千鶴=狼娘は初めて足を使った。
 触手の絡みついた足を、ハイキックするように持ち上げ、あえて正面の触手にささげたのだ。
 二つの触手がぶつかり合い、ちぎれてはらはらと地面に落ちた。
 イカ娘は舌打ちをすると、触手を再生させる。
 千鶴=狼娘も、からまった触手の切れ端を取り払い、ジーンズのすそを直した。

「互角……、互角じゃないか」
「イカちゃん、千鶴さんとあんなに戦えたの?」
「イカ娘の最大の弱点はメンタルだからな」
 栄子が事態を解釈した。
「本気を出せば、もともとあれくらいやれたんだ。
 幸か不幸か、今まで一度も本気を出さなかった。
 いや、出せなかったってだけで」
「でもまだ十分とは言えない」
 梢が戦況を見据えた。
「触手はイカスミと同様、合成のたびに体力を消耗するわ。
 対する千鶴さんは体力の塊。互角というだけでは勝ち目はない」
「あんたが加わったら勝てるんじゃないか?」
 悟郎の問いに、梢はにっこり笑って、
「わたし、絶賛車酔い中なので……」
(ウソだ)
(絶対ウソだ)
(ていうか、あの人誰?)
(タコ星人……)

 長期戦となれば不利。
 しかし、イカ娘は焦っていなかった。
(狼娘よ……、お主には弱点がある)
 千鶴=狼娘の手刀を、触手の物量で防ぐ。
 そうしながらも、機会をうかがう。
(お主の野生の勘も見事でゲソが……、
 やはり千鶴のような注意深さはないでゲソ。
 千鶴は背後から襲いかかっても、なぜか見抜いていたでゲソからね……。
 いわば、操縦者の年季!)
 大量に配備した触手を、千鶴=狼娘がひとつひとつ切断していく。
 それがイカ娘によって準備された動きだとも知らずに。
(わたしは地上に来て釣りというものを知ったでゲソ。
 魚の鼻先でエサを躍らせてやるでゲソ)
 千鶴=狼娘が、ついに用意された一本を切断した。
「今でゲソ!」
 イカ娘はいっせいに、触手を再生させた。
 生い茂る木の枝のように張り巡らされた触手は、総勢9本。
 エサとした一本を除く全て。今までで最大規模の攻撃だった。
「一本は正面からの一撃……、
 一本は背面」
 触手の檻の中で、狼娘は戦慄したように立ち止まる。
「二本がそれぞれ側面を、
 二本が地中、二本は空中、残る一本は遊撃隊でゲソ」
 栄子たちの"作戦B"は、地中を計算に入れていなかった。
 知ってか知らずか、イカ娘はそれをカバーしている。
「全方位攻撃でゲソ!
 かわせるものならかわしてみるがいい!」