SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ 永遠の扉 過去編 第001話 (1-1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 玉城青空(たまき あおぞら)の声帯は生後11か月にしてその機能の大半を奪われた。
 母親のせいである。彼女は新婚生活に夢のみを描いている若い女性にありがちな育児ノイローゼを発症し、いまだ座らぬ
──11か月にして、まだ。発育不良によって将来を悲観させるには十分な──青空の首を発作的に絞めた。
 治るはず、締まるはず、みんなのように座るはず……時に人は攻撃の暴発をもたらしたありとあらゆる悪感情を行為ごと
その中で無自覚に弁護し、整合性を取りたがるらしい。少なくても青空の母親はそうであった。我が子の首にかけた十指
におぞましい力を込めながら「治るはず、締まるはず、みんなのように座るはず」と頑なに信じていた。我が子がむせ、チア
ノーゼをきたし非定型的縊死への道を緩やかに歩んでいるのを見てもなお、たとえば首ヘルニアへ牽引を用いるような加療
意識によって我が子の首を絞めていた。それが正しい行為だと信じていた。
 ストレスの発散にすぎぬ非合理的な行為、自分がやりたいだけの”それ”を行う事で問題が解決するという錯誤は人間
ならば誰しも経験するところであろう。物事の解決が莫大なる忍耐と構築によってようやく得られる物だとしても。
 いうなれば青空の母親は生涯何度めかの錯誤、”それ”に見舞われただけであった。疲れてもいた。初めての育児でクタ
クタになりながらも読み漁っていた育児書は、354冊目に至ってもなお我が子を異常と断じ、元より折り合いが悪く結婚に
際し迷わず別居を選択した姑は電話でうるさく口を出すばかり。青空と同時期に生まれた乳児たちはとっくにハイハイを覚
えている。
 加害者ながら走馬灯のように巡るそれらの光景へ「治るはず、締まるはず、みんなのように座るはず」と小声で呼びかけ
ながら一層力を込めた。それはまさしく治療行為であった。但し娘そのものでなく自身への。もはや青空の首は全ての問
題の根源であった。他の子供から5~7か月遅れてなお座らぬから、理に合わぬ祈祷や供養をしつこく勧める姑とつまらぬ
諍いを起こし、公園でベビーカーに我が子を乗せて成長ぶりを自慢し合う母親どもに劣等感を覚え、夫ともギクシャクし始め
ている。
 それも絞めれば治る。
 育児の報われぬ疲労さえ雲散霧消し蕩けそうな新婚生活のみを永久に甘受できる。
 昼。夫の出社によってがらんどうになった2LDKの部屋の中で、母親はひたすら首を絞めた。

 世の多くの父親がそうであるように、青空の父親もまた英雄性のない、ごくごくありきたりの男性であった。
 誰にでも愛想よくするがそれだけに特定の人物に心から尽くす事のない──他者から悩みを打ち明けられてもありきた
りの一般論を投げかけて終わらせるだけの、結局真剣に同調したりはしない──どこにでもいる男性であった。
 彼のその態度が妻の育児ノイローゼを加速させたとして誰が責められよう。多かれ少なかれ育児にはかようなすれ違い
があるのだ。
 決して悪性ではない。むしろ社会を規範通り運用していくには彼のような人物こそ必要と誰もが認める人物であった。
 結婚理由は手ごろな時期に手ごろな相手が居たから、である。この点も一般的な社会通念をよく遵守していたといえよう。
 青空の首が絞められたその日。
 彼は最近様子のおかしい妻に胸騒ぎを覚え、早退届を書き、午後5時より5時間早く帰った。そして仰天した。
 無論英雄性を持たない一般の人である。我が子から妻の指を剥がす時は、離婚争議のような乱痴気騒ぎを起こさざるを
得なかった。
 そしてぐったりする我が子を見て、ほんの一瞬だけ思った。

 息絶えてくれた方がいろいろ楽かも知れない。不幸な事故。また作れば──…

 と。そしてかぶりを振って社会規範通りに救急車を呼び、社会規範通りに存命を願った。

 ただし障害のない事を意識の奥底で前提にしながら。

 玉城青空。
 命こそ取り留めたが声帯はもはや破壊されたに等しく、後に手術によって失声こそ免れたものの絞首によって異様な湾
曲を遂げたやわやかな頸骨は声帯がどう頑張っても『大声』というものが出ないほど圧迫ないし癒着しており、青空は結局、
生涯を終えるまでの19年間、小声で通すしかなかった。

 或いは。
 11か月で母に殺され、よくある事件として三面記事に取り上げられた方が幸せだったのかも知れない。

 玉城青空に家庭や伴侶を破壊された多くの人々にとって。
 父親と義母と、義理の妹──



                                    玉城光にとって。
.














 銀成市におけるザ・ブレーメンタウンミュージシャンズと戦士たちの戦いから遡るコト、約11か月前──…

 朝。霧が満ちる山の中腹。崖に面した木馬道を歩く4つの影があった。

『核鉄は……2つか!!」
「一見少なく思われますが規模鑑みまするになかなかの収穫でありましょう」
 よーわからんけどやったじゃん、騒ぐ少女の声を背後で受け流しながら、総角主税は軽く肩をすくめて見せた。とかく見栄え
のいい男であった。翠霞にけぶる瞳は静かな自信を溌剌と湛え、ただでさえ端正な顔立ちをますます力強くしている。
 無造作に結わえそっけなく肩に乗せただけの長髪もなかなか堂に入っており、緻密な純金細工のような輝かしささえ感ぜ
られた。歩き方もいい。地を足で蹴らない。まず重心を前へやり、その移動分だけ足を動かすという態である。いきおい体
の上下動が少なく一歩一歩が自然な美しさを帯びている。剣術をかじった者が見ればそこに至るまでの鍛錬を想像し、ほ
うとため息を付くであろう。
 そんな総角の足元をうろついていたチワワ型ホムンクルス──幾何学的なホムンクルスにしてはいやに有機的で本物そ
っくりな──が同意を求めるように見上げてきた。後ろがうるさい。そういいたいのだろうが肩入れ(朝っぱらからの説教)を
する気にはならないので受け流す。
「なんだ無銘。寝不足か? まあ確かに昨日の夜、この山奥にある共同体を潰してすぐ寝に入ったからな。興奮して寝付け
なかったのか?」
「それに非ず」
「だろうな。お前が事前に調べてくれた構成員についてはキチっと全滅させたから、俺は残党に意趣返しされる心配など欠片
も抱かず熟睡できた。まあ、不寝番に立つまでの話だが熟睡は熟睡」
 大きな三角耳の下で密かな嘆息が漏れた。望みが叶わぬと踏んだのか話題を変えるそのチワワ、名を鳩尾無銘という。
「それですが、奴らどうしてかような山奥にアジトを?」
「この道さ」
 と総角は視線を落した。
「どうやらむかしこの辺りは林業が盛んだったらしいな。んで通行の便がそこそこ整えられている」
 彼らの往く道はなかなかよく踏み固められており非常に歩きやすい。
「成程。流石は師父」
 チワワの声が感嘆に満ちた。堅苦しくもあどけない、少年らしい調子だ。。
 むろん本来の目的に於いては使われなくなって久しいだろうから、「踏み固めた」のは昨晩死骸になって散滅した連中に
違いない。犬の嗅覚が得たその合致は昨晩の戦闘──というにはあまりに一方的で20分ほどで終わった──と結びつき、
無銘に別なる思案をもたらした。
「そういえば奴らのアジトは山小屋……再利用したと」
「実際、信奉者の何人かは元々林業をやってらしい。ここを離れたいが金がない故それも出来ず、たまたま戦団あたりの追
撃を振り切って逃げ込んできたホムンクルスに脅されしぶしぶ協力していた……という所だろう」
「協力すれば金品をやりここを離れる手助けをする。しなければ殺す。フン。見え透きし飴と鞭によくもまあ」
 黒豆のような瞳が憎々しさに満たされた。少年特有の不合理への憎悪、正義感が燃えている。
「ま、人間そんなものさ。後は麓の村に戻って『化け物退治しました』などとおとぎ話めいた報告すれば万事解決。もっとも
村人連中が身内や客人捧げていた場合は別だがな」
 そこまでは面倒見きれんとばかりに総角は微苦笑した。
「それでもあの場にいた信奉者どもを殺さず追い払えたのは収穫だ」
「核鉄のみならずあの新参どもが活躍したのも、師父に取っては収穫……」
「できれば香美にも武装錬金を発動してほしいがな」
 気障ったらしい笑みを浮かべる総角の背後で、また声が上がった。
「さあさ先をば急ぎましょう! 早く離れませねば新たな脅威危険源に出会うコト必定!!」
「なにさ。何がくるのさ?」
『戦団!! 共同体あるところ彼らは絶対来る!!』
「じゃあなんでさっき寝たのさ? 寝るヒマあるならさっさと離れりゃよかったじゃん」
「残存戦力がいるか否かの確認でありますっ!」
 山間にキンキンと響き渡るうら若き女性の声+αは幾重もの山彦を呼び、明け方の静寂の世界を蹂躙しているよう
に思えた。
 もっぱら声の発生源の3分の2は、豊かな肢体をタンクトップとデニムハーフパンツで僅かだけ覆った少女である。
 名を栴檀香美といい、肘まである茶髪にシャギーとメッシュを入れているいかにも活発そうな少女である。
 時おり彼女の後頭部からも男性の声が上がるが、別に二重人格と言う訳ではない。
 故あって香美と一体化した元の飼い主──栴檀貴信の顔がそこにあるだけである。
(フ。まあおあいこってところだ。体温の敵討ちで静寂を奪わねばやってられんのだろう)
 初秋の山は寒い。霧はしっとりと衣服を濡らしそろそろ無視できない重量をもたらしつつある。起きてすぐそれかと呪わし
い気分になったがしかし慣れてもいる。
 とりあえず意識的に鳥肌を起こす。肩が震えたのを合図に全身へ熱が戻り筋肉のほぐれる心地いい感触が広がる。
「不肖たちは故あって旅から旅の旅ガラス! 野宿などする日はそー珍しくないのですっ! 路銀につきましては不肖のマ
ジックと無銘くんの三輪車乗りと、それからそれからもりもりさんのあれやこれや乾坤一擲の大着想でサクサクと儲けてお
りますが、まあなんというか野宿して焚き木する方が雰囲気あって楽しいのでもっぱら野宿派などですっ!」
 ロッドの武装錬金をマイク代わりに誰ともなく実況するのは小札零。極めて小さく起伏に乏しい肢体にタキシードをまとった
お下げ髪の少女である。トレードマークのシルクハットも声とともに景気良く揺れに揺れ、よくもまあ起きぬけにここまで声が
出る物だと一同総てを感心させた。
 閑話休題。
 旅から旅の都合上、朝霧に濡れるのは慣れている。といっても黙っていれば凍える一方。適応はつまるところ物理法則へ
の迎合にすぎず、例えば朝霧の体温奪取を覆す物ではない。
 以上の観点からすれば小札・香美他1名の他愛もないやり取りも体温保持ぐらいには役立つ──…
 という事をチワワ──鳩尾無銘──に漏らすと、犬鼻が笛のような音を奏でた。
 分かっているが納得できない。そう拗ねた時のくせである。
「母上はともかくあの2人、起きて早々よくもあそこまで騒げる。少しは慎むべきなのだ。新参めが」
 湿った暁闇の中、矮小な白牙がチラリと覗くのを総角は見逃さなかった。
「なんだ? お前も混じれなくて寂しいのか?」
「別に」
 土を抉るように一歩、ずいっと踏み出した。
「怒るな怒るな。10歳と10代後半じゃ話も話も合わんさ」
「年齢の問題にあらず。そもそも忍びに、友など……」
 人型になれない犬型ホムンクルスが小声で呟いたが、背後の人型2体の嬌声にかき消された。
 会話がどういう弾みを得たのやら。香美に抱きつかれ前髪をねぶられている小札が艶めかしい金切り声を上げながら体
をくねらせている。ポール・シェルダン顔負けの必死なる脱出劇が進行しているのはもはや明らかだが、そうはさせじと香
美があんな所やこんな所をがっちりつかむ物だから、幼い面頬はますます恐怖と焦りに赤面していく。正にミザリー(悲惨)。
「あんな所や!」
「こんな所も!」
 男2人、軽く頬染めドキドキと見とれかけたが──…
 口火を切りしは憎悪に尖る獣の皓歯。いずこともなく現れた核鉄をガチリと噛み縛っている。
「……古人に云う。親しき仲にも礼儀あり」
 光とともに現れたのは190センチメートルはあろうかという兵馬俑。無銘の武装錬金・無銘。
 敵対特性持ちの自動人形を認めると、明らかに香美の顔色が変わった。貴信が次に起こる出来事を教えたのだろう。前
髪のグルーミングを即座に終え豊胸揺らしつつ直立不動へ移る香美。だがそれももう遅いとばかり無銘は軽佻浮薄のシャ
ギー少女を睨(ね)めつけた。
「出でよ。名も知らぬ彼の武装錬金」
 やや強張った声音で認識票を握りしめる総角の周囲に現れたのは黒い蝶。れっきと知れた黒色火薬ニアデスハピネス
である。数は6つ。総角の両肩両肘両手首からきっちり5cm横を浮遊していた。それらがとある一点目がけ飛翔する。後
翅の尾状突起より噴出される橙の燐光、推進力のもたらす軌跡はやがて霧の白い輝きと加法混色をきたし金の円弧となっ
て滑らかに交錯、全ての蝶はとある一点に吸い込まれた。とある一点を生物学的に訳せば動物界なんたらの、栴檀香美
の後頭部である。(なお、この当時使用(つか)えた理由は後段に譲る)
『あがっ!?』
 爆光と破裂音に一歩遅れて響いたのは栴檀貴信のうめき声。髪に隠れて見えないが、通常彼は人面瘡のごとくそこにいる。
 哀れ艶やかなまだら髪が舞い散って煙がもうもう立ち上る。
「ペットの面倒は飼い主がちゃんと見ろ。感覚を共有しているのなら尚更だ」
 にこりともせず振り返ろうともせず、総角は厳粛極まりなく囁いた。
「けしかけるのは当然論外だが、かこつけるのもやめろ。な? 香美がじゃれついたからドサクサまぎれにハッピー味合うっ
てのは男として恥ずべき行為だと思うが? なあ貴信よ。言って分かるお前だよな? 黒色火薬で調教されずとも俺のいう事
分かってくれるよな?」
『すいません! げほうっ!!!』
 髪の焦げる嫌な臭いを鼻孔いっぱい吸い込んだらしく、しわぶきとともに煙が立ち上る。
「ご主人ーっ!!」
「貴信どのーっ!!」
「ったく。俺でさえムード重視で自重してるというのに。でもたまには肘が偶然胸に当たって気まずくもラッキー! って感じ
になったらいいなあと思っているのに。まったく。まったく」
 色の薄い唇から苛立ち混じりの吐息を洩らす総角、やれやれとかぶりを振った。
「話は戻るが、無銘よ」
「はい」
 とりあえず兵馬俑で貴信のこめかみを掴み上げ、フレイルよろしく振り回しながら無銘。
「いいじゃないか。人型になれずとも。どうせ俺たちはホムンクルスで人間からは外れた存在。俺は『奴』のコピーだし小札
だって18歳にしてああいう体型で下半分がロバになったりするし、貴信香美に至っては2人で1体という難儀な存在。みな
多かれ少なかれお前と同じ欠如を背負っているが人生を楽しむ権利は持てるし、楽しむよう努めるコトもできる」
「しかし」
 また笛のように鼻を鳴らす義理の息子の額を総角は小突いた。

「フ。肩肘を張るな。ミッドナイトの件でいろいろ後悔したろうに」

 ミッドナイトとはなんなのか。不明瞭だがしかし無銘の顔はにわかに曇る。


「………………」
「しかし自分で言っておいてなんだが懐かしいな。ミッドナイト。土星の幹部」
「戦ったのはあの新参どもが入った少し後」
「奴が復活させた6体の頤使者(ゴーレム)。これまた懐かしくも厄介だったが……本題ではない」
 いつの間にか総角はしゃがみこんでいる。ついでに香美は臀部や膝を木々に打ちつけられ「うげ」だの「ぎゃあ」だの鳴き喚いている。
「無銘よ。お前は忍術とか沢山使えるのに、欲しい物は小遣い溜めて買うだろ? 盗まないだろ?」
「無論!」
 無銘は後ろ足で立ち上がり、敢然と胸を張った。ユーモラスだが細っこいチワワがそうするのはやや気持ち悪い。言葉に
こそ出さなかったが、総角は若干引いた。引きつつ視線を密かに外し、ゆっくりと立ちあがった。
「忍術の根本は偸盗(ちゅうとう)術。されど偸盗に身を任せば忍びに非ず。其はもはや風魔小太郎の如き盗賊の類」
 小さくくるんと丸まったしっぽがハタハタと触れた。
「古人に云う。そもそも忍びの根本は正心である。忍びの末端は陰謀・佯計である」
「萬川集海(ばんせんしゅうかい)か」
 三大忍術伝書の一角を挙げると、無銘はサーモンピンクの”べろ”を出してはっはっと息まいた。
「はい。『そうであるから、その心を正しく治めないときは臨機応変の計略を運用することができない』とあります」
「剣術も似たような物だな」
「しかしそれが人型になれない事と如何なる関係が?」
 ようやく四足獣に戻った無銘が不思議そうに見上げてきたので、総角は微笑を──ようやくキモい状態が終わったという
安堵が4%ぐらい混じった──微笑を返した。
「忍びの本質は正心、だろ? なら正心を持たんとするお前は人間よりも人間らしいさ。後はそれを理解してくれる同年代
の友達が出きるかどうかだが……ま、そっちはお前次第ってとこだな」
 抱えられ、頭を軽く撫でられると無銘は憮然とした。ように見えた。
「そんな事より師父。副リーダーの件はどうなっているのですか」
 ふむ、と総角は目を細めた。いよい山全体を照らしつつある曙光が少し痛々しい。
「順当にいけば小札が一番いいのだが、戦闘力に不安が残る。香美はああだし、貴信は声の大きいだけのヘタレ」
「やはり我こそ?」
「いや、お前はフットワークが軽いから別行動する事が多いだろ」
「…………」
「それに忍びだし諜報とか暗殺とかやる方が似合いだと思うが!」
「諜報! 暗殺!!」
 少年無銘(チワワ)の面貌がぱあっと輝いた。
 その拍子に兵馬俑の方で微妙な力加減を誤ったのだろう。掴んでいた物がすっぽ抜けた。
「わーっ」
 香美と貴信の体が飛んだ。崖に向かって彼らは飛んだ。飛ばされた。
「されどただ飛ばされる御二方ではありませぬ! とっさに鎖分銅の武装錬金・ハイテンションワイヤーをば発動! 狙うは
道沿いひしめく無数の木々! 鎖が巻きつけば落下は回避できます故ここは是が非でも当てたいところ! ヌはッ!?!?
行ったーっ! 星型分銅が行ったあ! 霧を突っ切るその姿は正に流星、いや彗星? とにかく伸びる! 夢と鎖の尾を
引いて果てなく伸びます大彗星! などという間にも貴信どのたちは落下中! 一方鎖分銅は遂に不肖の横を行き過ぎた!
狙い定める木々まであとわずか! 届け流星伸びろ彗星、正に願掛け流れ星! 高所恐怖症の香美どのも願っているコ
トで……ああーっ!ク ラ ッ シ ュ で す ー! 星型分銅が幹に当たって大きく跳ね返された! あくまで木々は彼
らを拒むのでしょーか! ああ、ずるずるガラガラのたうつ鉄鎖はさながら貴信どのたちの落胆を示すようっっ! 正に痛恨、
地を這う思い! さあさあカウント2・1・0! 泥に塗れし黒星が崖へ落ち……試合終了オオオオオオオオオオオッ!」
 勢いの赴くまま実況女はロッド先端にかぶりつき、ぎゅっと瞑目、力いっぱい息を吹き込んだ。すると宝玉が甲高い音を
立てた。どうやらこの武装錬金、マイクのみならずホイッスルにもなるらしい。
『実況してないで!!』
「助けてほしーじゃん!!!!!」
「きゅう?」
 小札が首をかしげる間に貴信らは崖下へと落ちていき、やがて見えなくなった。
「諜報暗殺は正に忍びの華! それを我に!?」
「そうだ。諜報や暗殺は地位がないからこそできるぞー! カッコいいぞー!」
 珍しくくだけた調子で総角はいう。さながら駄駄っ子を宥める父親のような口ぶりである。
「師父がそう仰るなら!」
 ぶんぶんと頷く無銘は実に少年らしい純粋さに満ちている。双眸はきらきらと輝き、どこまでも師父を信じている。
 そんな無銘を好ましく思いながら、総角は呟いた。
「普通ナンバー2ってのはトップを補佐する立場なんだが、俺は割合器用で補佐いらずだしなあ。通常の構図とは逆で、

すごく強いけど抜けている

そういう奴がナンバー2の方が案外しっくりくるかも知れん」
「名前は『鐶』(たまき)が宜しいかと。総角付きの鐶。師父に次ぐのならばそれが最も相応しい」
「だな。ナンバー2に見合った人材が転がり込めば、の話だが」
「ぎゃああああ! 貴信どのと香美どのがああああああああああ!!」
 素っ頓狂に叫ぶ小札へぎぎぃっと首をねじ向けた総角と無銘は数秒かかってようやく状況を把握し
「え」
 とだけハモった。
 頬には汗。