SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ 汝は罪人なりや?【序】【ぷろろーぐ】 4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まもなく私たちは桃栗館に到着した
ミステリーに出てくるような古びた洋館…そう言えば多くの人がイメージするであろう絵がそのままそこにあった
迎えのバスが行ってしまうと 周りは静寂に包まれ冷たい空気が肌にまとわりつく
ほどなく館の扉がゆっくりと開き一人の老人がこちらに歩みを進めて来るのが見えた
その姿を見て私は凍りついたように背筋が冷え…思わずネウロの陰に隠れてしまった
「お待ちしておりました ようこそ桃栗の館へ 私がこの館の主です」
私たちを出迎えたのは穏やかな老人だった
皺の寄った顔は年期の入った落ち着きを感じさせ 白髪に覆われた頭を下げる様子は物腰の柔らかさを感じさせた
頑固で偏屈な人だろうという予想とは大違いなのに…なぜだか私は震えが止まらない
私にしがみつかれているネウロはさっきからちらちらと私を見てくる
その表情はまるで理解出来ないとでも言いたげだった
「私はイニシャルG…略して"じい"とお呼びください」
顔を見た私は恐怖の正体を悟る 額の中心のホクロ…ああそうか似てるんだ…
私はネウロの耳に顔を近づけて何とか声を絞り出す
「あの人…似てる…お父さんを殺した…犯人に」

玄関から招かれた先にはコックの格好をした男が一人立っていた
若い男性ではあるが身長が高いせいで腕を組んでいる様は威圧感がある
その威圧感を押し隠そうとしてなのか顔には不自然な笑顔が張り付けられていた
シロタ…もちろんハンドルネームだと前置きしたうえで…その男は名乗った
「おひさしぶりです桂木探偵」
威圧感に怯んだ様子を見せないように笑顔をつくったら…後ろからも威圧感が
「なああんた…ちょいとこの荷物持っちゃくれねえか?」
振り向くと4つのリュックを抱えたゴダイさんが引きつった顔でコックを睨みつけている
私たちがバスの中で一つ減らしたのに…まだ重いのか
「私にはまだ仕事が残っておりますので」
ゴダイさんが何か言おうとしたが後ろからした声にかき消される
「もう暗いしメシにしようぜ~俺今日昼飯抜いてるから腹減った」
やられやくさんの様子に呆れたGさんが言う
「仕方ありませんね ではお部屋をご案内した後夕食といたしましょう 皆様各自荷物を持って二階に上がってください」
階段を上がってすぐ右に客室が並んでいる
「各々お好きな個室をお選びください 決まったらドアから鍵を抜くのを忘れずに」
中は結構広く トイレや浴室まで備えてあった
ネウロはどの部屋にするのかな…気になった私はネウロを探すとなにやらGさんと会話していた
「階段から向かって左の方…向こうの大きい部屋は相部屋でしょうか?」
「いえあそこはGMがお泊まりになる場所ですので一般の参加者の宿泊はご遠慮いただいております」
「先生はどうしても相部屋がいいとおっしゃるのですが…」
「夜は各部屋のなかにある端末を操作しなければなりませんゆえ
時間までに部屋に戻らなかった場合失格にさせていただいております
ルール上不可能なのでそこはこらえてください」私が見ているのに気づいたあいつは私に向かって無駄にウィンクしてきた
「だそうですよ ここではワガママは言えませんね」
(ワガママ言ってるのはあんただろ!)

「さて…皆様部屋をお選びになったところで下に参りましょう」
階段を下りた私たちは右側に折れ玄関の正面の部屋に誘導された
Gさんはもう一つ奥の部屋を指さしながら説明をはじめる
「食堂のとなりにあるのが墓地部屋です 噛まれたり吊られたりした人たちはこちらの部屋へ移動して貰います」
「退屈だし 噛まれた人は連れてこられる時に分かるんじゃないの?」
「ルールでは人狼は被害者の部屋に合図を送り入り口付近で待機します」
そして噛まれる方はアイマスクを付けて出入り口へ行くのです 内部にあるモニターで村人会議の様子が見られますので 変わらず推理が楽しめますよ 必要なものがあれば何なりとお申し付けください」
「こちらの食堂は昼間は村人会議の場所となります どこかにあるカメラが墓地部屋に映像を送っておりますゆえ 下手な事は言わないようお願いいたします」
そう言った彼が扉を開くと…そこには豪華な料理が所狭しと並んでいた
「おいしそ~」
よだれを垂らしている私を見つけたシロタは さっきとは違う自然な様子でほほえみかけてきた
「さて みなさんお食事の用意が出来ました 誓って薬物など使用しておりませんので どうぞ安心してお召し上がりください」
一同が少し困惑する中…私は遠慮なしにテーブルについた
「いただきまーす!」
まもなくテーブルは皿で埋め尽くされる その様子は巨大な生き物が肉を食い尽くされその土台であった骨が散らばっているかのようだ
「ごちそうさま」
「一皿一秒もかかってないわよ…」
「最後には鍋ごと持ち上げてたぜ」
「すみませーんおかわりありますか?」
「呆れた食欲だ…ドラム缶一杯食べないと満足出来ないのがハンネの由来だと説明したが…甘かっようだな」
弥子の様子に料理には何も入っていないと安心した人たちは改めて盛りつけられた料理を前に食卓を囲んだ
食後デザートを食べていると大きな電子画面の向こうから加工された声が響く
ゲームマスターが開始を告げる言葉を読み上げた 時計は十時をさしている

「諸君らの中に人狼が紛れ込んでいる 彼らは巧妙に君たちの中にもぐり込み この館の人間を全滅させようと企んでいる
そうされないためには一刻も早く彼らを見つけだし処刑するしかない さあ戦いの始まりだ」
「なお内訳は村人5人 占い師2人 霊媒師1人 人狼2人 狂人1人 諸君等の健闘を祈る」


部屋に戻ったやられやくは呟いた
「ずいぶん大がかりな芝居打つんだなあ…人狼なんているわきゃねえのに」
「しかも俺役職だから村不利じゃん…まあ料理が美味かったからいいか…っと呼び出しか?ずいぶん早いな」
彼はアイマスクを付けると自分の部屋の扉を開けた その直後彼の首に細い紐のような物が巻き付けられる
「あれ…もしかして首輪とかつけるの?まいったな…跡つくと困る…ちょっ…くるし…ガッ」
その夜…やられやくが死亡した…しかし私たちがそれに気がついたのは翌朝になってからだった