SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ DB新作 第三話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ーーカプセルコーポレーション
翌日。

グスフにやられたヤムチャ達が担ぎ込まれていた。
その場にはクリリンを筆頭としたZ戦士達がヤムチャの目撃証言に耳を傾けている。
「フリーザ軍の…生き残りだと?」
「孫の事を知っているのか」
「この気は・・・ギニューという人のものですね」

実際にナメック星でフリーザ軍と戦った事があるクリリンと孫悟飯は知っている。
「トランクスと悟天が経験を積むには丁度いい相手かもな」
「気の大きさだけならな」
ピッコロとクリリンが楽観的な表情で会話を始めた。
(おい 悟天 最初からアレでいこうぜ)
(念の為に…ね)
少年達がヒソヒソ話を始めてドアから出ようとした。
「おい トランクス!仙豆はいいのか!」
クリリンが呼び止める。
「いいですよ。それは天津飯さんの分です」
そして少年達は駆け足で飛び出し空へと躍り出た。
「俺も行きます。」
孫悟飯が道着姿で決意を表した。
「あいつ等だけでも大丈夫じゃないのか?」
「ギニューさんの奥の手を考えれば必要です」

1時間後ー
とある荒野。
グスフは岩の上に座って景色を眺めていた。
(のどかだなあ)
あまりにも平和すぎる情景。
グスフが今まで経験してきた戦闘や訓練とは真逆。

彼の心の琴線に触れた結果齎された穏やかな空気は二人の少年によって破られた。
「そこの人ー!よくもヤムチャさん達をー!」
「敵討ちだー!」
「君は…以前会ったね」
グスフがトランクスの姿を認識して言った。
「あの時やっておけばよかった!」
トランクスが悔しがる。
「やるよ!」
「OK!悟天!」
二人がおもむろにポーズをとる。
何の事かわからないグスフは困惑の表情を浮かべた。
「フュー!」
「ジョン!」
ピカッと光が放たれ、一人の戦士が完成した。
「お前は?」
『ゴテンクス!』
自己紹介を終えるや否やゴテンクスの拳がグスフの腹に突き刺さる。
「げえ」
高速で空中に飛ばされるグスフの体をゴテンクスが追いかけて横からフックを入れる。
更に追跡し背中にキック。
(何というパワー!)
驚愕するグスフの背後に又しても移動し今度は膝。
『ハッハッハー!』
嘲笑するゴテンクスをキッと睨みながらグスフは力を発散して停止する。
「気をつけろゴテンクス!」
かけつけた孫悟飯が叫んだ。
『え?』
「奴は…ボディチェンジ という技を持っている。相手と自分の体を入れ替える技をな!」
「詳しいねえ…」
グスフが睨んだまま笑みを浮かべた。
『じゃあやる事は一つだね。ハアアアアア!』
ゴテンクスがパワーを上げる。
髪が金色に光り伸びていく。
(これ程のパワーだと…?)
「ハアッ!」
孫悟飯もパワーを上げる。
二人の戦士の全力の姿、「スーパーサイヤ人3ゴテンクス」と「アルティメット悟飯」降臨。
二人はグスフを挟み込む様に移動した。
『いくよッ!』
「か…め…」
孫悟飯がおもむろに構えてエネルギーの凝縮を始める。
『は・・・め…』
同様にゴテンクスも似たようなポーズをとる。
「う・・・」
グスフが汗を垂らす。
「『波ァァァァァァーーーーー!ッ』」
二つの閃光がグスフを襲う。
エネルギーと衝撃によりグスフの肉体は塵と消えた。
と思われたが…

「えっ!」
『ああっ!?」
何と 二人の「かめはめ波」が交互に動いたのだ。
確かにグスフを挟み撃ちにした筈なのに。
「避けろーゴテンクス!」
「うわあああ」
孫悟飯は全力でガードする。
もちろんゴテンクスも。

「ッ!」
「ゴテンクスと…」
「悟飯の気が…」
「消えた…」
ブルマが持っていたお茶を床に落とした。


「阿呆が」
戦士が消えた場でグスフは呟いた。
彼がどの様な事をしたのか。
本人以外は知らない。
ただ一ついえる事はグスフは1%の確率さえあれば戦況をひっくり返す事が出来る。
それだけだ。


To be continued.