SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ DB新作 第一話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昔 ナメックと呼ばれる星があった。
一人の凶悪な宇宙人とその部下達により星は消滅した。
星が消滅すると同時に一つの命が生まれた。
自然に生まれたのではなく人工的に創り出された命。
その名を「グスフ」と言った。

時は流れ、20年後。
戦士達は「魔人ブウ」というクリーチャーから平和を取り戻し 幸せに暮らしていた。

夜。
「うーっ、寒いな」
刈り取りを終えた畑に立ち、農夫は空を見上げた。
(流れ星が来たらいいな)
農夫の思いを聞いたのか空の一点がキラリと光り農夫の顔を照らす。
ゴオオ。
農夫が異変に気づいた時には遅かった。
「うわあッ!」
農夫は急いで伏せて頭を手で押さえる。

ドウンッ!
砂埃と炎を上げて“流れ星”は地面に衝突した。
「うう・・・ ああ・・」
突然の事に農夫はうろたえながらビクビクと近づく。
“流れ星”は岩では無かった。
更に言うと白くて球状のフォルムをしていた。
前面に窓が一つ。

プシューと音が出て煙と共に“流れ星”の前面が開きだす。
「何なんだあ…」
農夫の問いに答えるかの様に『ソレ』は姿を現した。
細長い手足。黒い角が生えた頭部。中心部分が黒い胴体。
明らかに地球上の生物では無い特徴を持ち合わせていた。
「おい そこのお前!この男を知らないか?」
『ソレ』は農夫に手に持っていた写真を見せた。
黒い髪に山吹色の道着に青いシャツを着た男が映っていた。
「知らねえよ」
農夫はそれだけいうときびすを返して一目散に逃げ出した。
『ソレ』は農夫の背中から目を逸らして空を見た。
(フリーザ様もこの星空を見たのだろうか)

『ソレ』は体から白色のエネルギーを発すると跳躍 いや 飛翔と呼んだ方がいいのだろう。
空中に真っ直ぐに躍り出ると明かり、つまり街へと向かって進み始めた…。


同時刻、某都。
一人の少年が道を歩いていた。
初めての夜遊び。
お菓子とゲームを買って鼻歌を歌うというのが彼の考えた「夜遊び」だった。
そんな穏やかな気分は一つの声によって破られた。

「ヘイヘイヘーイ!そこの坊や!お兄ちゃん達にゲームを渡そうか!?」
少年の目の前に現れたのはみるからに暴力的な外見の三人組。
肩パットにモヒカンヘッドにチェーンをつけたズボン。
「嫌だね!」
少年はプイと顔を横に向けて立ち去ろうとする。
「からかってんじゃねーぞ!」
男の一人が回り込もうとする。
懐からナイフを出し威嚇のポーズをとる。
「…」
「痛い目にあいたくなきゃそれを渡しな」
言葉が終わるか終わらない内に男はローキックを繰り出し少年のバランスを崩そうとした。
シュン。
空気が裂かれる音がした。
男達が気づいた時、少年は既に10メートル程先に言っていた。
「あ…?」
「逃すか!あのガキ!」
ザンッ。
追いかけた二人の男達が突っ伏す。
上空から何かが降ってきて男達を押しつぶしたのだ。
「なんだ お前!」
残った男が叫んで落下してきたモノに殴りかかる。
「お前が何だ」
『ソレ』は男に言葉と拳を同時にぶつけた。
「ぐおっ」
壁にヒビが入る程のエネルギーと共に男は吹き飛ばされた。


「おっちゃん 何なの?」
「君 パワーが強いね。この人を知らないかな?」
「その人に何か用なの?」
「ああちょっとね」


この青年と少年の出会いが後の激闘を引き起こす事など誰一人として予想できなかった。
たった一人の人造生命体「グフス」を除いて。


To be continued…