SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ 【ピクル VS アサッテ君・山田君】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アサッテ君ならびに隣の山田くん、ビジネスマン・クラスでフルコンタクト空手を始めた。
白帯を巻いているのだが、初めて手を染めた武道の味に酔いしれている時期。
メタボ対策や浪人中の運動不足対策はどこへやら、すっかり自称武道家だ。
そんな時期、ピクルに出遭う。間が悪いとしか思えない。
そのとき、ピクルはかつての追剥で作った敵を撃破し、更には当分の衣糧を得ようとしていたところだった。
21歳の剣道家を物陰に引きずり込み、そして被害者の着衣で闇より出でたピクルに二人は対峙した。
被害者の襟には、帝愛の構成員バッジが光る。いや、物理的にはピクルの襟に、だ。
表部門の社員証に過ぎないとはいえ、被害者は若くして債権者代行補助バイトの域を超えている証でもある。

第二波(ピクルにとっては次なる接近者)を観察するピクルと目が合ったとき、いきなりアサッテくんが仕掛けた。
身についた技術によるコンボパンチが、スパーリングでは打たない上段に3つほどきまる。
しかも、KO狙いではなく鼻血による戦意喪失狙い。だが鼻はビクともせずアサッテの拳の握りが崩れる。
ピクルのワンパンで、というより押し退けただけで吹っ飛んでくるアサッテを
自分で下がってきたものと勝手に解釈し入れ替わり立ち替わりに仕掛ける山田。
山田の中段蹴りが物凄い手ごたえできまるのだが、違和感。靴の先端へ反作用が過剰にかかって、爪先が折れるように痛む。
だからコンボによるもう片方の足での攻撃(体で覚えたばかりの動きだ)まで終えてから、山田の思考が始まる。
その思考が一瞬で途絶える、ピクルのショルダータックル。
そして、呪術や貨幣経済に目覚めたばかりのピクルはアサッテと山田の耳に『伯方の塩』を詰めて去っていく。
ジャックに続き、金竜山にも復活されている(金竜山とは後楽園の地上で遭遇して再見)ので手法を変えたのだ。
しかし、アサッテや山田から全くステロイドの匂いがしないため不安そうに時折ふりかえってくるピクル。
チョボチョボとした足取りで去りゆくピクルを、20世紀では違法の街頭カメラ・ハックごしにのび太が観る。
接触事故防止と機動性のための反重力装置を節電しているので畳を撓らせている、のび太の朋もまた。
「ピクルはUMAなんかじゃない。ドラゴンやグリフォンのように、作られた生物だ」。いつになく、朋の顔が険しい。
「まてよドラえもん、デザイン・ヒューマンなんかちょっと未来にはよくいるじゃないか。せいぜいが闇っ子だ」。
「デザイン・ヒューマンにはいくつかの要件が要るんだ。そうでなきゃ、あの超能力ベビーの騒動がタダで済むはずないだろう」。
いつか、のび太がドラえもんの道具で人間を作ったときのことだ。同じく、ジャイアンとスネ夫を『複製』したこともある。
タダで済む済まないは、未来からの干渉についてだろう。
「じゃあ、ピクルは・・・」。その先が、まだ恐くて言えないのび太。
「インドの奥地に送れないのかな・・・あの、戦時中の象みたいに」。

このとき、のび太のイチかバチかの賭けは成功する。
そして、のび太が『安藤』になって20世紀を生き直すときはピクル、そして22世紀の子どもたちが助けてくれたのだ。