※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

闇が近づいて


満ち潮のように


音もなく


あたりを沈める


冷たい空気に


体を震わせて


やっと夜に気づいた




なんとゆう 孤独だ