※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

肌は色白つや肌。
ファンデはリキッドでつや感重視、その上からお粉で油浮きを抑える。
唇はパウダリーファンデで押さえ、色みをなくしておきます。

マスカラは黒で、全体にまんべんなく塗る。
ボリュームタイプのものを二、三回重ね塗り、付け睫のようにバシバシにする。

アイシャドウは黒かグレーで、目のキワをなぞるように。
目の下はピンク系のシャドウを軽く乗せると、病的な感じになります。

アイライナーも黒で、若干太めに引く。

パウダリーファンデで色みをなくした唇に、薄いピンクか薄いベージュ系の口紅を。
グロス系は使わず、マットに。

チークは使わず、全体的に病的なカラーレスメイク


病的な人形メイクをイメージ。
カラーレスメイク。

肌は下地→リキッド→パウダリーの順にこってり塗り、にきび跡などを完全に隠す。

鼻筋、目の下、顎にパール入りのハイライトを乗せ、輪郭にメリハリを。
チーク等使わないぶん、ハイライトを入れないと顔がボケます。

マスカラ(ランコムかファシオ推奨)はカールタイプの後にボリュームタイプを重ね塗りし、バシバシに。

アイライナーはリキッドの黒(KATE推奨)で、目の縁をなぞるように。
少々太めに引いたあと、グレーかパープルのシャドウでぼかします。

目尻にはピンク、もしくはパープル系のシャドウを軽く乗せると不健康そうな印象に。

口紅は薄ピンク、もしくは使わない。
グロス効果の低いものを選び、マットな質感のほうがパンジャっぽい気が。