※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

噴流 煙


■キャラクター名の読み仮名
ふくりゅう えん

■性別
男性

■学年
2年生

■所持武器
煙草の「ピース(10)」10カートン分

■ステータス
攻撃:0/防御:6/体力:7/精神:8/FS:9

■FS名
ニコチン中毒

特殊能力名:らき☆すと

効果1:体力1ダメージ 20
効果2:防御1ダメージ 12
範囲+対象:隣接1マス任意1方向内1マス全員 1.6 
時間:3ターン 1.75
時間付属:死亡非解除 1.2

非消費制約:敵味方無差別 0.97
非消費制約:時間差攻撃(準備型)2ターン 0.7
消費制約:精神4消費 20

(100 - (20 + 12) *1.6 *1.75 *1.2 *0.97 *0.7 +20) *1.9 = 89.28… ≒ 89%

発動率:89% 成功率:100%

能力原理

喫煙によって体内で蓄積されたタールやニコチンなどの身体に悪い成分を何千倍にも濃縮させ、大量のヘドロ状へと変えて口から一気に吐き出す。これを浴びた者は体外から何種類もの毒性物質を急速的に吸収してしまい、激しい嘔吐やめまい、発熱、脱水症状などの症状を引き起こし身体の調子を著しく悪くしてしまう。最悪、そのまま死ぬ。たとえヘドロを綺麗に取り除いて元の生活に戻っても、強化された発癌物質等の影響で闘病生活によって塗り潰された未来が待ち受ける可能性が高い。
一度能力を発動すると体内の煙草の成分は全て綺麗に除去されてしまうので、再度使用するには喫煙による成分の補充が必要になる。十分な威力を発揮するには(銘柄によって差はあるが)最低でも100本の煙草を消費しなければならない。

キャラクター説明

 中学一年生の頃から煙草をバカバカ吸ってきたおかげで重度のニコチン中毒者となってしまった魔人。一日のタバコ消費量200本は当たり前。さらには過剰な喫煙による嘔吐も激しく、これを日常的に引き起こしている。

 彼が中学二年生になった夏の頃、学校のトイレでいつものように嘔吐をしたときに魔人として覚醒する。(この時点で嘔吐行為はすっかり一種の快感作用を引き起こすものとして脳内で変換されており、半ば自慰行為そのものと化していた。)この時の吐瀉物の中に血が混じっている事に気づいた噴流は、喫煙による暗い未来と命の危機を悟りとてつもない焦燥感に駆り立てられる。噴流にとっての喫煙は、あくまで自身の人生を彩るための趣味の1つにすぎないもで、「喫煙による死」などは彼の人生にあってはならないものであった。心身健在・喫煙万歳、二つの矛盾した渇望が彼に魔人としての力を与えた。

 魔人として覚醒してからは、煙草によって死ぬ危険性がなくなったので喫煙量が更に増加。また、噛みタバコや水タバコなど外国のタバコなども嗜むようになり、精力的に喫煙と煙草の世界に没頭するようになる。

 この煙草に対する並々ならぬ愛好心を除けば、ノリと気前のよい上篠淳士の漫画作品が好きな普通のあんちゃんである。

 普段は「ラッキーストライク」を持ち歩いているが、今回は戦闘ということで自分の能力を最大限に引き出してくれるタール量の多い「ピース」を持ってきた。





応援

登場SS


イラスト




参考リンク