※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブラック・ファックのカルテ~噴流 煙編~

症例 噴流 煙 17歳男性
【主訴】
喫煙依存
【経過】
常軌を逸する喫煙歴あり。
喫煙をやめるよう、指導あり。
先生に連れられ来院。
【既往歴】
喫煙による嘔吐、嘔吐に伴う吐血(14歳ごろ)
【喫煙歴】
200本over/day(中学1年生のころより)
【治療経過】
激しい依存あり。健康に対してのデメリット、副流煙による周囲への健康被害を説明するも理解を得られず。
禁煙薬(タバコが不味くなる薬)の処方を提案するも会話中患者が興奮しだし喧嘩口調になる。
しゃぶらせて黙らせようかと考えるもヤニ臭い口を見て断念。
本人に禁煙する気持ちがないのでやめさせることは不可能であると先生に伝えると「それでは困る」と言い出した。
イラっと来たため、先生を黙らした。
スッキリしたうえ先生、患者ともに帰宅していただいた。