※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伝音性難聴
外耳及び中耳の障害によって聞こえが悪くなるケースの難聴.

感音性難聴
内耳から大脳皮質までの障害によって聴力が低下するケース.これは,その性質によってさらに「内耳性難聴」と「後迷路性難聴」に分けられる.

さてさて,これらの判断には,気導音と骨導音を調べてみる.
骨導音だけ聞こえれば,外耳・中耳が悪くなっている → 伝音性難聴
骨導音も気導音も聞こえなければ,内耳が悪い → 感音性難聴
|