※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

例として音響管(x=0~l,x=0でピストン駆動)内の音波伝搬を考える。

①x=lで閉口端のとき
 その面に対しての法線方向粒子速度がゼロ。
 音圧は最大。

②x=lで開口端のとき
 その面に対しての法線方向粒子速度が最大。
 音圧は(近似的に)ゼロ。→厳密には開口部における放射インピーダンスを考慮しなければならない。
|