基本ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオプレイ前の準備

シナリオの推奨技能に従って、
技能一覧から「技能」の装着をすること。

シナリオプレイ後の報酬や成長

「御魂(みたま)」や技能点、道具などがもらえます。
「御魂」は1つにつき1つの能力値を1上げることができます。

キャラそれぞれの特殊能力「五色百花」

それは秘めた力。五家のものとして生まれた者の力。

1人のキャラにつき、<通常>と<百花>で、
ひとつづつ自由に能力をつくってよい。

<通常> パッシブ能力。通常状態で使用でき、常に発動するもの。効力はひかえめ。
<百花> アクティブ能力。「百花」状態や、特殊な条件下で発動できる。効力は強め。

特殊なルール「花宛て」

セッション開始時、任意のPCに花を贈る「花宛て」ができる。
対象は1セッションにつき1人。自身に向けることはできない。

贈られた花を使用すると、
一度だけ、任意の判定で好きな能力値に+1することができる。

贈る花は、実在するものであれば自由に決めてよい。
花の色によって、効果がある。種類は以下のとおり。

【赤】
 <自信>を任意のタイミングで発動できる。 
【桃】
 <恋慕>を任意のタイミングで発動できる。
【黄】
 <絆>を任意のタイミングで発動できる。
【青】
 <疑心>を任意のタイミングで発動できる。
【白】
 <無垢>を任意のタイミングで発動できる。
【黒】
 <死人>を任意のタイミングで発動できる。

能力値について

命(いのち) 心(こころ)刃(やいば) 護(まもり)  

いのち がHP
こころ が魔力や精神力
やいば が攻撃力
まもり が防御力

最初は、8つの御霊を好きな能力にあたえてよい。
札の種類は下記のもの。
上から大成功、成功、失敗、大失敗となる。

成否判定

「花絵札」によって判定を行う。

花絵札には季節があり、
シナリオごとに季節は固定されている。

「花絵札」は季節ごとに4枚ある。
札ごとに効果があり、めくるたびに発動する。

判定の結果は、能力値と札の結果によって決まる。
  • 大成功 - 選択した能力値の3倍で判定、なんらかのメリット
  • 成功 - 選択した能力値に+2して判定
  • 失敗 - 選択した能力値に-2して判定
  • 大失敗 - 選択した能力の値にかかわらず失敗、なんらかのデメリット
戦闘における行動順は、札めくりで決める。
春⇒夏⇒秋⇒冬の順。
かぶった場合はさらにその季節の花絵札をめくり、
大成功に近いほど早く行動できる。

判定時のテンプレ
choice[春,夏,秋,冬]

札について

※効果の発動は1ラウンド。取得時に保持/破棄の選択が可能。保持しているときに、宣言で発動する。
  • 戦闘中の場合、3つまで効果を保持できる。
  • 大成功、成功の効果は3ラウンドを過ぎると消失する。
  • 大失敗、失敗の効果は3ラウンドを過ぎると強制発動する。
  • 探索中の場合、一度に保持できる効果は1つまで。保持している間は消失しない。
判定用テンプレート
春:choice[桜,桃,桃,桃,かすみ草,かすみ草,かすみ草,沈丁花]
夏:choice[向日葵,朝顔,朝顔,朝顔,梔子,梔子,梔子,百合]
秋:choice[菊,金木犀,金木犀,金木犀,柊,柊,柊,彼岸花]
冬:choice[梅,椿,椿,椿,山茶花,山茶花,山茶花,水仙]

<春>
  • (「百花」状態になる) 
  • (「恋慕」状態になる)
  • かすみ草 (「浄化」状態になる)
  • 沈丁花 (「死人」状態になる)
<夏>
  • 向日葵 (「百花」状態になる)
  • 朝顔  (「絆」状態になる)
  • 梔子  (「幸せ」状態になる)
  • 百合  (「無垢」状態になる)
<秋>
  • (「百花」状態になる)
  • 金木犀  (「恍惚」状態になる)
  •  (「疑心」状態になる)
  • 彼岸花  (「悲哀」状態になる)
<冬>
  • (「百花」状態になる)
  • 椿  (「自信」状態になる)
  • 山茶花  (「ひたむき」状態になる)
  • 水仙  (「うぬぼれ」状態になる)



【百花】
いまこそ、はなひらくとき。
キャラクターそれぞれの特殊能力「五色百花」の、「百花」能力を発動できる

【恋慕】
誰かを恋い慕う気持ち。むねは、あつくこがれる。
「心」をふたつ失う代わりに、「刃」と「護」をひとつづつ足せる。

【浄化】
すべてがあらわれる。きよきみたまのままに。
すべての特殊効果を打ち消す。また、3ターンの間かかった特殊効果を無効化する

【死人】
いけるしかばね。こころをうしなっても、たちあがる。
「こころ」をすべて失い、「いのち」をすべて失っても立ち上がる。
「いのち」が0になりよみがえった時点で効果は消えるが、「こころ」はそのままになる。

【絆】
誰かと結びあうこと。あなたがいることでつよくなれる。
PTの任意のキャラと、能力値をひとつ同値にする。

【幸せ】
胸を満たす幸せの気持ち。だれのことばも耳にはいらぬ。
「こころ」を2倍にする代わりに、「やいば」「まもり」を半分の値にする。

【無垢】
何者にも汚されぬ。うまれたままのいのち。
全ての技能に影響されず、また触れたものにこの効果を伝染させる。

【恍惚】
こころ奪われる。いまが最上のとき。
2回の行動が可能になる。探索中の場合、一度使用した能力値をもう一度使用できる。

【疑心】
さいなまれる。あなたをうたがうこころ。
「こころ」「まもり」をすべて失い、「やいば」が2倍になる。

【悲哀】
かなしむこと。なみだはとまることはない。
「やいば」「まもり」をすべて失い、「こころ」が2倍になる。

【自信】
みちあふれる。わたしにはなんだってできる。
すべての能力値に、ふたつづつ足せる。

【ひたむき】
ひたむきなこころ。
「やいば」「こころ」にふたつ足す代わりに、「いのち」が1になる。

【うぬぼれ】
わたし、わたし。わたしだけがここにいる。
すべての行動の対象が自分のみになる。