※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップページ>周辺国家

デセオの位置

エーラムのすぐそば。
        • のはずだが、戦場が近い。

隣国

エスペランサ

エッジ・エスペランサ(21)の統治する国。
星が降り森林の少ない土地。
代わりに高品質の鉱物がよく採れ、武具などを輸出している。
エッジの専属魔法師ブルー・カラーは、婚約者(故人)の弟。
たまに大戦仲間との相互交流で飲み会や焼肉会を開いている。
実はスフィダンテの妹ルペレントはブルーと仲が良い。

友好国(連合)

ゼクムート

“大鷲公”アルティール・グレイザーの治める国。
サブカルチャーや運送業などに力を入れている新興国家。
パンドラとは深い因縁があり、特に君主の周囲はその手の話題に敏感。
アルティールは比較的気軽にデセオに顔を出す。

サンクトゥス

“賢灯伯”ウィリア・E・サンクトゥス(18)の治める領地。
“緑土の魔法師”ホイヤット・エイヤットが「連合みちのえき」を運営している。
投影体に関する伝承が多い土地柄でもあり、皇帝聖印の成就の先を見据えて、
多くの知識を書物として収集、公開している。

ルチエリア

ディル・アルバレスタ(24)率いるアルバレスタ領の一角。
リーゼロッテ、サピュルの二人の魔法師を抱えている。
ディルのそばにいつもいる仮面の紳士は特に信頼されている。
メルヴィンと呼ばれているが、その素性を知るものは少ない。

アルドの地

“君主アルド”(27)を戴く小さな領地。
歴史上初めての契約魔法師、エル・リードを受け入れたばかり。
特産と言えるものは野菜や果実で、旅人はほとんど訪れないが、食料の輸出で成り立っている。
「持つものは持たざるものに与える」という風習があり、
何事にも見返りを求めないのが普通という少し代わった土地柄。
デセオの住人となったフルニトラゼパムは現在アルドの護衛として働いている。

友好国(同盟)

ディザ

“豊穣の盾”グラウカ=N=アシカガの守護する地、“黄金の海”と称される穀物庫。
魔法師として“慈雨の奏者”カムルル、カルネ・エヴァンスを擁する。
スフィダンテの友人であり戦場では好敵手としてまみえる“柘榴の掌”ストラベリーや、
デセオの魔法師シルベストの兄、ゴルディウス・フランチェスカもここの所属。

キョート

“剣豪将軍”足利義輝の統治する領。ディザのグラウカ伯爵との婚姻で領地を統合している。
現在では何故かデセオに“剣聖”足利義輝が滞在している。

ヘイゼン

イルガセット・ヘイゼン卿の所領。
領主の契約魔法師は“奏者”クラヴィーア。

セリザワ領

“鉄拳君主”マサキ・セリザワ率いる同盟国家。
魔法師としてライル・ウィルヴォルテ、イオリ・ストレイン、
ケイオト・ベルトイア、ゼーアドラーを抱える。

グリューネワルト領

エルフリーデ・グリューネワルト(22)の所領。


管理人:ネタが切れたよ!!!