※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1995年1月19日
アメリカ・カリフォルニア州エドワーズ空軍基地
X-31実験機1号機がピトー管(速度計測器)の凍結により
機体に異常振動が発生し操縦不能となり墜落、爆発炎上します
パイロットのKarl-Heinz Langはパラシュートで脱出し無事でした


事故についての詳細ページです(英語)
http://www.check-six.com/Crash_Sites/X-31_crash_site.htm



1995年6月4日
ルーマニア・バカウ県バカウのバカウ空港
航空ショーでルーマニア空軍のYakovlev Yak-52が演習飛行中にプロペラが故障し失速
機はそのまま地上に墜落し大破します

この事故で操縦士が死亡・副操縦士が重傷を負いました




1995年9月2日 
カナダ・オンタリオ州トロント市オンタリオ湖
国際航空ショーで英国空軍のホーカーシドレー社のニムロッド(Nimrod)MR2対潜哨戒機が
曲芸飛行を行っていたところ操縦ミスにより湖に墜落 

この事故で乗員7人が全員死亡しました