1973年6月3日 
フランス・パリ郊外ルブルジェ空港で開催されたパリ航空ショー 
ツポレフ144S[TU-144S](SSSR-77102号機)超音速旅客機が展示飛行中に
機体に想定外の荷重が加わり、空中分解を起こし、爆発・炎上しながら
空港北側の村落に墜落します

この事故で乗員6名・地上の住民7名が死亡しました

空中分解の瞬間がはっきりと映っています

少し遠目からの空中分解の瞬間映像です