2000年5月13日 
オランダ・オーファーアイセル州エンスヘーデ

不正に中国産の花火を大量に保管していた花火倉庫が、
近くの別の倉庫で発生した火事により火薬に火が燃え移り、火災を伴い爆発
火事の原因は倉庫の所有者による放火でした

これにより住民や消防士など23人が死亡・950人が重軽傷を負い1250人が家を失いました

損害は8900万ドルにおよび、過去25年において西ヨーロッパで起きた
産業事故の最大規模とも言われる事故となりました



建物の屋根から花火の爆発を撮影した映像です
最後の爆発でカメラが破壊されましたが、撮影者は無事でした


現場近くのスーパーマーケット内の防犯カメラが捉えた映像です
爆発の衝撃により天井が落下している様子が映っています


短い映像ですが、爆発の衝撃により破壊された家や車などが映っています



テレビカメラが捉えた爆発の映像です
2分28秒あたりで最初の爆発が起こり、人々が逃げ回ります
4分18秒あたりではカメラが衝撃によって破壊されてしまいます


上と同じ映像ですが、最後に破壊された街の様子が映っています