※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1994年1月13日 
アメリカ・フロリダ州レイクランド 
列車事故を上空から取材中のTV局のAEROSPATIALE AS-350(登録番号:N902BA)が
高架線を避ける為に急降下したために墜落し横転・大破します
墜落の原因は操縦士が高架線の位置を把握していなかった為でした

この事故で乗員2人が重軽傷を負いました

別のTV局のヘリから撮影された墜落の瞬間です




1994年2月14日
アメリカ・ネバダ州Indiana Springs補助飛行場
アクロバット飛行チーム「Thunderbirds」所属のF-16が曲芸飛行の練習中に
急降下から急上昇に移ろうとしますが高度が低く地上に墜落・大破します

この事故でパイロットは重傷を負いました

一般人が捉えた墜落の瞬間です




1994年4月3日
ニュージーランド南島・ワナカ(Wanaka)
航空ショーで曲芸飛行中のデハヴィランド社のDHC-1 Chipmunk機が
ループ飛行を試みますが高度が低く地面に激突・大破します

この事故でパイロットの男性が死亡しました

アマチュアカメラマンが捉えた墜落の瞬間です





1994年5月1日
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州Luskintyre
ガンを患った子供たちを励ますために行われた航空スタントショーで
女性がデハヴィランド社のDH-82A(登録番号:VH-UNA)の翼の上に立った状態で飛行するスタント中に
エンジン出力が低下し失速、そのまま地上に墜落し大破・炎上します

この事故で女性は即死・パイロットの男性は自力で脱出もその後死亡しました

【注意】衝撃的な映像です
観客が捉えた墜落の瞬間です(日本の番組で取り上げられた時の映像です)


地元のニュース映像です




1994年6月11日
アメリカ・ミシガン州マウントクレメンス
セルフリッジ空軍州兵基地で行われた航空ショーで曲芸飛行中の
CANADAIR T-33(登録番号:N12418)が操作を誤り右翼が地上に接触し墜落、爆発・炎上

この事故でパイロットのRay Mabreyが死亡しました

観客が捉えた墜落の瞬間です


この映像のほかに別の観客がより前方で捉えた映像が存在します



1994年6月24日 
アメリカ・ワシントン州スポケーン市フェアチャイルド空軍基地 
航空ショー参加のため飛行訓練中の米国空軍所属のB-52爆撃機が
滑走路上で左への360度の急旋回をしたところ、
過負荷な操縦により対気速度(飛行機が飛行する際必要な速度)が足らず、
機は失速し左翼から滑走路に墜落し爆発・炎上します

搭乗していた士官の1人が墜落前にパラシュートで脱出を試みましたが、
彼も爆発に巻き込まれ殉職しました

この事故で乗員4人全員が死亡しました

事故機のパイロットは以前から危険な操縦が何度か指摘されていて、
この事故後に軍の体制について問題となりました

当時のニュース映像です
開始20秒~37秒までが、以前問題となった危険操縦の様子です


別角度から捉えた墜落の瞬間です


少し遠くからの映像ですが爆発の凄まじさが伝わります




1994年7月29日
アメリカ・ミシガン州ウォーターフォード(Waterford)
乗員3人が乗ったWooden Airplane社のBellanca BL-17-30(登録番号:N93572)が
上空でエンジンが故障し急降下、機は湖に墜落し大破します

この事故で乗員3人は重傷を負いました

テレビの釣り番組を撮影中の取材班が偶然捉えた墜落の瞬間です




1994年9月18日
アメリカ・ネバダ州リノ
Reno-Stead空港で開催されたNational Championship Air RaceのAT-6クラス
(レース距離8.14kmで1930~60年代のT-6テキサンを無改造で使用)レースで
North American SNJ-5(登録番号:N8540Z)が操作を誤り、
前方を飛行中のSNJ-4(登録番号:N7404C)に接触し左翼を欠損し墜落します

SNJ-5は回転しながら地上の家屋へ墜落し大破 パイロットは死亡しました
SNJ-4は主翼などを損傷しましたが、無事に着陸しパイロットも無事でした


観客が撮影した映像です



別角度からの映像(ニュース映像)



無事だったSNJ-4のパイロットへのインタビュー映像




1994年10月25日 
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ沖 
海上訓練中のF-14【愛称:トムキャット(Tomcat)】が着艦の際に左エンジンの故障で
制御が全く利かない状態となり横倒しとなって海に墜落します
乗員2名が墜落直前に脱出し、先に脱出したレーダー迎撃士官は無事でしたが、
パイロットのカラ・スピアーズ・ハルトグリーン大尉は彼の0.4秒後(戦闘機が真横の状態)
に脱出し、パラシュートが開くことなく海中に放出され、死亡しました

彼女はアメリカ初の女性戦闘機パイロットとして有名でした
カラ・スピアーズ・ハルトグリーン大尉についてのページです
http://www.ctie.monash.edu.au/hargrave/hultgreen.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Kara_Spears_Hultgreen

墜落の瞬間を捉えた映像です
乗員が脱出している様子がはっきりと確認できます