※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年8月20日
沖縄県那覇市那覇空港
台湾・台北発那覇行きの乗客乗員165人が搭乗したチャイナエアライン(中華航空)120便
ボーイング737-800型機(機体番号:B-18616)が午前10時27分に着陸し、滑走路内を移動中に
機体右側の第2エンジンから煙が出て、第1エンジンから燃料が漏れ、午前10時32分に炎上します
機体は午前10時34分に41番駐機場に停止し、乗客乗員を緊急脱出させますが、第2エンジンが激しく炎上します
さらに地面に漏れた燃料にも燃え広がり、左の第1エンジンも炎上し午前10時35分に機体が爆発・炎上します
火は約1時間半後に消し止められましたが、機体は全焼しました

炎上の原因は翼の駆動機構の先端部が壊れ、脱落したボルトが燃料タンクを突き破り燃料が漏れ出し
エンジンの熱で発火・炎上したことが原因とされています

この事故で爆風に巻き込まれた客室乗務員や整備士など3人が負傷しました

脱出した乗客が撮影した爆発・炎上の瞬間です


空港ターミナル内から撮影された爆発・炎上の瞬間です






消火作業の様子です


鎮火後の事故機の様子です