1970年の12月30日
アメリカ・ニューヨーク州カルバートン
グラマンF-14戦闘機[愛称:トムキャット(Tomcat)]試作13号機が着陸時に
ランディングギアの油圧系統が故障し予備システムも作動せずに制御不能となり
地上の森に墜落し爆発・炎上します

この事故でチーフテストパイロットのロバート・スマイズと
プロジェクトテストパイロットのウィリアム・ミラーは脱出し軽傷で済みました

事故の瞬間映像です(無音声ver)


事故の瞬間映像です(別角度・管制官とパイロットとの音声有)