role麻雀村の歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※編集した人の独断と偏見がある可能性があります※

第一期

  • 前期 (2014.11/30~12/27)
role麻雀村が初めて建てられた時期
主に普通村とロワイヤルなどが行われていた。
12/10~12/23に長期的な大会もあった他
12/24にクリスマス大会もあった。
  • 後期 (2015.3/8~3/15)
主に普通村とロワイヤルが行われ
新ルールのRUSHやBDWD大会も行われた。
RUSH村が第一期最後の村となった。
この日までに成績を残した人を一期生と呼んだりする。

第二期

  • 前期 (2015.10/10~10/31)
ある日を境に再び建て始められた時期
ここから成績を残した人を二期生と呼んだりする。
7ヶ月近く経っており、一期生の大半がいなくなってしまったが
王者vs下剋上大会、ハロウィン麻雀などの大会に加え
新ルールの「麻雀放浪記」「麻雀脱出ゲーム」「麻雀DE謎解き」
などの村が建てられるようになり二期生の人口が急増した。
  • 中期 (2015.11/2~11/17)
一期生がだんだん戻り始めた時期
新ルール「雀卓を囲え!」や「麻雀地雷」などが建てられた。
一期生の100村記念大会も建てられ、勢いは衰えることなく増していった。
一回の村に12~18近くの人が集まりゲーム時間も長くなっていた。
  • 後期 (2015.11/17~12/31)
普通村の頻度が少なくなり新ルールが多くなってきた時期
新ルール「麻雀戦争村」「殺意溢れる麻雀」「何切る問題麻雀」「麻雀CASINO」などが建てられた。
大会も「麻雀トライアスロン」「らぶらぶカップル杯」「role麻雀一周年記念大会」などが建てられ賑わっていった。
普通村中心の第一期と違い、新ルールや大会が多い第二期はボーナスptを稼ぐのに向いており、
地道に稼ぐ第一期、いかにボーナスptをとるかという第二期という流れとなった。
一期生は適度な参加率で均衡が保たれていたが、
二期生の一部の参加率ははっきりいって異常であり
ほぼ二期生が成績上位を占めるようになっていき、
それに伴い二期生の100村記念大会ラッシュが起こりGMの負担が増えていった。

第三期

  • 前期 (2016.1/1~1/13)
年末の時期
長期大会の予選(新インターハイ)が始まり、村建ての頻度が増えた。
予選では100村記念大会でのルールがテンプレ化されたrole麻雀~咲~村や普通村などが行われた。
予選中でもやはり二期生の一部の参加率が異常ではあったが、
咲村での照、数え役満・役満ラッシュ、三期生のダークホースの存在などもあり、予選の総合順位は均衡した。
打ち上げなども行われ無事予選は終了した。
その反動からか一気に村建て頻度が減少した。
というよりGMのやる気スイッチがOFFになりました。
  • 中期 (2016./~/)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|