※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

570.于謙王文之死

  黄溥閒中今古録,英宗復辟時,石亨等誣王文、于謙謀迎立外藩,坐以大逆,將肆之市。謙連呼皇天后土,文但云,今已到此,伸起頭來就砍,連呼何爲,久自明白。是文之臨危不懼,視死如歸,過於謙遠矣。然明史文、謙二傳,謙並無皇天后土之呼,文則力辨召親王須用金牌信符,遣人必有馬牌,内府、兵部可驗也。謙笑曰:「亨等意耳,辨之何益。」是從容就死者謙,而自辨冤枉者乃文也。蓋又各就其平日之人品而繋以蓋棺定論耳。


     前頁 『廿二史箚記』巻三十六  次頁
通州糧運京二傳所載不同 570.于謙王文之死 喜寧之擒
|