※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

廿二史箚記巻三十


437.元初用兵多有天助
438.元世祖嗜利黷武?
439.元諸帝多不習漢文
440.元初郊廟不親祀?
441.元制百官皆蒙古人爲之長?
442.元初州縣多世襲?
443.元州縣官多在外銓選?
444.元代專用交鈔?
445.金元二朝待宋後厚薄不同?
446.元時選秀女之制?
447.元代以江南田賜臣下?
448.色目人隨便居住?
449.元漢人多作蒙古名?
450.元初諸將多掠人爲私戸?
451.元杖罪以七爲斷?
452.元季風雅相尚?
453.元末殉難者多進士?
454.一母生數帝
455.金元二代立皇太子皆不吉
456.弟爲皇太子叔母爲太皇太后
457.庚申帝?
458.守節絶域
459.郝經昔班帖木兒
460.元初用兩國状元
461.縱囚?
462.元封乳母及其夫
463.安南王居漢陽
464.老爺同寅臬司?
465.牛腹療重傷
466.忍痛
467.牛皮船
468.彌勒佛謠言
469.賈魯治河?


   前頁 『廿二史箚記』    次頁
巻二十九 元史 廿二史箚記巻三十 巻三十一 明史
|