※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

509.景泰帝欲仍立沂王

  景泰帝初惑黄竑之言,廢英宗太子見深爲沂王,立己子見濟爲太子。後太子薨,未嘗不欲仍立沂王也。六年七月,有給事中徐正請閒,言沂王當遷於所封地,以絶人望,別選王子育之宮中。上皇所居南城,宜增高墻垣,伐去高樹,宮門之鎖亦宜灌鐵,以備非常。帝大駭,叱出之,欲正其罪,慮駭衆,遂謫之鐵嶺衛。是帝固未肯聽小人之言也。迨英宗復辟,徐有貞輩誣王文、于謙謀立外藩,帝心事遂不白云。事見廖莊傳,世罕有論及者,故特表出之。
|