※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

413.日に千里を行く

  訛古乃は馬を乗り換えながら走らせるのを得意として、日に千里を行くことができた。天会八年(1130)、訛古乃が宗翰に従って燕にいたとき、余睹がそむいたという情報があり、宗翰の命令により馬を乗り換えて探索に向かうこととなった。訛古乃は明け方に天徳に向かって走り、到着したとき、日はまだ暗くなっていなかった。(『金史』訛古乃伝)


413.日行千里

  訛古乃善馳驛,日能行千里。天會八年,從宗翰在燕,聞余睹反,宗翰令馳驛往探,訛古乃黎明走天德,及至,日未曛也。(本傳)
|