※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

19.漢書書恆山王

  漢書呂后紀,孝惠帝張后無子,取後宮美人子,殺其母,名之,立爲太子。惠帝崩,太子立,太后稱制。立孝惠後宮子強爲淮陽王,不疑爲恆山王,弘爲襄城侯,朝爲軹侯,武爲壺關侯。四年,帝自知非皇后子,而所生母被殺,出怨言,太后乃廢之,以幽死,更立恆山王弘爲帝。太后崩,大臣以弘及三弟皆非孝惠子,共誅之。(恩澤表、五行志並云,皆呂氏子。周勃傳亦云,呂后以計詐名他人子,殺其母,令孝惠子之。)由前所書,則弘等孝惠後宮子也;由後所書,則皆非孝惠子也,此已屬岐互。且先所書恆山王,則不疑也,弘則襄城侯也,後忽云立恆山王弘爲帝,更不明晰。據史記則襄城侯本名山,因常山王(即恆山王)不疑薨,以山改封常山王,更名義,後立爲帝,又名弘,始覺了了。此雖小節,亦見史記之密。
|