※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

135.古文自姚察始

  梁書雖全據國史,而行文則自出鑪錘,直欲遠追班、馬。蓋六朝爭尚駢愈,即序事之文,亦多四字爲句,罕有用散文單行者,梁書則多以古文行之。如韋叡傳敘合肥等處之功,昌義之傳敘鍾離之戰,康絢傳敘淮堰之作,皆勁氣鋭筆,曲折明暢,一洗六朝蕪冗之習,南史雖稱簡淨,然不能增損一字也。至諸傳論,亦皆以散文行之。魏鄭公梁書總論猶用駢偶,此獨卓然傑出於駢四儷六之上。則姚察父子爲不可及也。世但知六朝之後古文自唐韓昌黎始,而豈知姚察父子已振於陳末唐初也哉。
|