※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

246.褒貶前代忠奸

  式閭表墓,爲新朝激揚首務,所以表是非之公,新天下之耳目也。唐武德元年詔,隋高熲、賀若弼、薛道衡、宇文[弓弓攵]、黄純等,並抗節懷忠,陷於極刑,特贈官加諡。貞觀元年詔,齊崔季舒、郭遵封、李琰,以極言蒙難,褒敘其子孫。則不惟贈卹死者,且官其後人矣。麟德元年,又詔訪周宇文孝伯子孫,授以官。此皆褒忠令典也。貞觀元年,追論隋臣裴虔通手弑煬帝之罪,削爵流驩州。七年,又詔宇文化及及弟智及、司馬德戡、裴虔通、孟景、元禮、楊覽、唐奉義、牛方裕、元敏、薛良、馬舉元、武達、李孝本、孝哲、張愷、許宏仁、令狐行達、席德方、李覆等弑煬帝者,其子孫並禁錮,勿得齒敘。此亦昭癉惡之公。然亂臣賊子,人人得而誅之,化及等已死,錮其子孫是矣。裴虔通尚在,而徒以前代之事,不復正以誅殛,僅配流遐裔,尚不免失刑也。武后聖暦元年,又追貶隋楊素子孫,不許仕京官及侍衛。
|