※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

214.魏の末周の初めには年號が無かった


 漢武帝より年號を使うことが始まって,事柄を記すのが便利になった。これは本当にいつの世でも変わらない優れた方法である。
 しかし後の世になって年號を用いない者があらわれた。周書の崔宣猷傳に「明帝が即位したが,周禮によって天王を稱して,年號を用いなかった。宣猷が事柄を記すのに(年號を)用いることを請い,それに從った。」とある。これはつまり、周の明帝の即位当初は年號が無かったのである。 しかしこれが(年號が無いのは)初めてではない。調べてみると西魏の廢帝及び恭帝には皆年號が無く,その時宇文泰が國の実権を握っていたが,專ら周禮を用いていたため,年號を設けず,ただ元年、二年というように稱していたのである。
 周の孝閔帝が禪譲によって代って皇帝となり(周を建国してからも)それは続き,そのまま明帝の三年に至って,宣猷の上奏によって,また年號を用いるようになったのである。


214.魏末周初無年號

  自漢武帝創置年號,便於記事,誠萬世不易之良法。然後世有不用年號者。周書崔宣猷傳「明帝即位,依周禮稱天王,不建年號。宣猷請仍用以紀事,乃從之。」是周明帝即位之初,無年號也。然不始於此,按西魏廢帝及恭帝皆無年號,其時宇文泰當國,專用周禮,故不設年號,但稱元年、二年。周孝閔帝禪代亦因之,直至明帝三年,因宣猷奏,乃復用年號耳。
|