※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

205.假官

  後魏孝靜帝時,吏部令史張永和、崔闊等僞假人官事覺,糾檢首者六萬餘人。(本紀)此荒亂之朝,吏弊官邪,固無足怪。至隋文帝以綜核爲政,宜無敢有作僞者矣,乃有向道力者,僞作高平郡守,將之官,薛冑遇諸途,疑之,使主簿按問。有徐倶羅者,先爲海陵郡守,已爲道力所代,秩滿而公私未悟。倶羅亦曰:「道力已代我一任,使君豈容疑之。」冑不聽,遽收道力,道力果引服。(薛冑傳)郡守非卑秩,任滿非暫時,乃作僞而莫之悟,亦可見法網之疏矣。然亦有不可信者,彼既爲僞守,則真守何在,豈肯聽人之假冒數年,而不出理者,恐作史者之謏聞也。
|