※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

550.黄蕭養

  天順末,廣東賊黄蕭養作亂,圍廣州。楊信民先官廣東,有惠政,至是以巡撫至,使人持諭入賊營招之,蕭養素服信民,克日請見。信民單車蒞之,賊望見曰:「果楊公也。」爭羅拜願降,而信民尋即病卒。會朝命都督董興來討,蕭養等懼,遂不降。興調江西、兩廣兵,侍郎孟鑑贊理軍務,興用天文生馮軾隨行。景泰元年春,至廣州,賊舟千餘艘,勢甚熾,而徴兵未盡集,諸將請濟師,軾曰:「廣州被圍久矣,即以現兵往撃,猶拉朽耳!」興從之。進至大洲,撃賊,殺溺死者無算,餘多就撫。蕭養中流矢死,俘其父及黨與,皆伏誅。(信民及興傳)


 前頁 『廿二史箚記』巻三十六     次頁
李添保 550.黄蕭養 劉六劉七齊彦名趙風子
|