※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

576.明人説部

  徐禎卿翦勝野聞,明祖擒張士誠後,斥江浙行省參政周伯琦曰:「元君寄汝以腹心,乃資賊爲亂耶!」先迎之,三日大醉,以酬其勞而戮之。按元史,平江破後,伯琦歸故郷,以良死,初未嘗被戮也。野聞又云,士誠司徒李伯昇先以國情輸我師,帝亦以爲姦臣而誅之。然湖州之破,滿城皆降於明,獨伯昇不肯,曰:「張太尉待我厚,何忍爲此。」不得已,亦降。及平江將陷,伯昇又使人説士誠以保身全家爲上策。則其惓惓於故主,尚非恝然。是以既降後,命仍故官。洪武七年,尚命伯昇掌屯田山東、北平等處。後又兼懿文太子同知詹事院事。又命將兵討平湖廣慈利蠻。呉良傳,伯昇又隨鄧愈討廣西叛蠻。則伯昇初未被誅也。而野聞以爲被戮,果何所據耶?又王錡寓圃雜記,元有全某者,乃宋淵聖皇帝之母舅,在元學佛於土番,號合尊大師,有子亦從其教,後元主坐以説法聚衆,皆殺之。按淵聖乃欽宗追尊之號,至元朝已百六十餘年,何得尚存?合尊大師,乃德祐帝也,蓋全某係德祐帝母全太后之兄弟耳,而僞爲淵聖,可謂屯毛不辨。又德祐帝有子曰完普,亦出家爲僧,然未有殺害之事。此明人小説中最陋者。


   前頁 『廿二史箚記』巻三十六 次頁
明代科場之弊 576.明人説部 長隨
|