※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

547.葉宗留等

  正統中,慶元人葉宗留與麗水陳鑑胡聚衆盜福建寶豐縣銀礦,羣盜自相殺,遂作亂。福建參議竺淵往捕,被執死。宗留僭稱王,福建鄧茂七亦聚衆反,宗留、鑑胡附之,剽浙江、江西、福建境,參議耿定、僉事王晟及都督陳榮、劉真、呉剛等前後敗沒,遂昌賊蘇牙、兪伯通又與相應,朝命張驥爲浙江巡撫,討之,驥遣官撃斬牙等,而鑑胡方以忿爭,殺宗留,自稱大王,國號太平,建元泰定,分掠浙東,未幾,茂七死,鑑胡勢孤,驥招之,遂降。別賊蘇記養等亦爲官軍所獲。(張驥傳)


 前頁 『廿二史箚記』巻三十六  次頁
李鬍子 547.葉宗留等 鄧茂七
|