※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

548.鄧茂七

  福建沙縣人鄧茂七,爲甲長,以氣役屬郷民。其俗佃人輸租外,例餽田主,茂七倡其黨無餽,而要田主自往受粟。田主訴於縣,縣下巡檢捕之,茂七殺弓兵數人。上官聞,遣官軍三百人往捕,盡被殺,巡檢亦死。茂七遂大掠,自稱剷平王,設官屬,聚黨數萬人,陷二十餘州縣,指揮范真、彭璽等先後被殺。會左布政使安南人阮勤貪濁漁民,民益從亂。巡按汪澄檄浙江、江西會討,尋以賊議降,檄止其兵,賊益熾。茂七圍延平,朝命御史丁瑄往招討,都督劉聚、僉都張楷大軍繼其後。瑄誘賊再攻延平,督衆撃敗之,遂斬茂七。(丁瑄傳)


  前頁 『廿二史箚記』巻三十六  次頁
葉宗留等 548.鄧茂七 李添保
|