※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

263.度牒

  宋時凡賑荒興役,動請度牒數十百道濟用,其價値鈔一、二百貫,至三百貫不等,不知緇流何所利而買之,及觀李德裕傳,而知唐以來度牒之足重也。徐州節度使王智興奏准,在淮泗置壇,度人爲僧,毎人納二絹,即給牒令回。李德裕時爲浙西觀察使,奏言江淮之人聞之,戸有三丁者,必令一丁往落髮,意在規避徭役,影庇貲産,今蒜山(地名)渡日過百餘人,若不禁止,一年之内,即當失卻六十萬丁矣。據此則一得度牒,即可免丁錢、庇家産,因而影射包攬可知,此民所以趨之若鶩也。然國家售賣度牒,雖可得錢,而實暗虧丁田之賦,則亦何所利哉。
|