※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

78.籍沒財産代民租

  権臣強藩,積貲無芸,或親行掊克,或広収苞苴,無一非出自民財。漢桓帝誅梁冀,収其財貨,県官斥売三十余万万,以充官府用,減天下租税之半。(冀伝)唐李錡反,兵敗伏誅,朝廷将輦其所没家財送京,李絳奏言,錡家財皆刻剥六州之人所得,不如賜本道,代貧下戸今年租税,憲宗従之。(李絳伝)以横取於民者仍還之民,此法最善。憲宗英主,其説易従,不謂桓帝先已行之也。後世有似此者,籍没貪吏之財,以償民欠,籍没権要之財,以補官虧,亦裒益之一術也。(明臣王宗茂劾厳嵩,請籍其家,以充辺軍之費。)


   前頁 『廿二史箚記』巻五   次頁
擅去官者無禁 78.籍沒財産代民租 倩代文字
|