※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

160.南朝以射雉爲獵

  南朝都金陵,無蒐狩之地,故嘗以射雉爲獵。宋明帝射雉,至日中無所得,甚慚,曰:「吾旦來如皋,遂空行可笑。」(左傳昭公二十八年:昔賈大夫惡,取妻而美,三年不言不笑,御以如皋,射雉獲之,其妻始笑而言。)褚炫對曰「今節候雖適,而雲霧尚凝,故斯翬之禽,驕心未警。」帝意解,乃於雉場置酒。(宋書褚炫傳)帝至巖山射雉,有一雉不肯入場,日暮將返,留晉平王休祜待之,令勿得雉勿返,休祜便馳去,上令壽寂之等追之,蹴令墜馬死。(休祜傳)齊武帝永明六年,邯鄲超諫射雉,上爲之止。久之,超竟誅。後又將射雉,竟陵王子良又諫止。(子良傳)東昏置雉場二百九十六處,翳中帷幛,皆紅綠錦爲之,有鷹犬隊主、翳隊主等官。(齊紀)
|