『 ワレヲ求メヨ 』 『 ワレヲ駆使セヨ 』

『 ワレハ汝ノ従者ナリ 』



高機動箒 アヴァターラハ


其(そ)は最強を求められし者の空翔ける化身にして従者
自ら主定めし誇り高き伝説なり


メタルライフを元に開発された人騎兵専用決戦兵器。
騎跨状態での戦闘可能を目的とし、人馬一体ならぬ箒機(ホウキ)一体を目指して設計され、実際に生き物の如く丁重に取り扱われた。

アヴァターラハとはサンスクリット語で『化身』を意味し、天空を戦場としたいという主の願いの化身として振る舞う。

非常な大喰らいであり、維持にも鯨馬の如く資源が必要であったというから、まさしく破格の兵器であった。



-High movement broom- Sword Dragon mode


『 我は飢えたる餓竜なり 』  『 主よ、共に血の杯を! 』

さながら一本足の異形竜の如き威容である。
柄にあたる部分を変形・伸縮させることで、巨大な刃と鍵爪にて主の戦いを助け、両の足置きの操作によって自在に飛翔した。



-High movement broom- Magic Face mode


『 我ら盲目なる理力の使徒 』  『 いざ共に戦わん 』

一転、鍵爪と刃は防御のために働く。
足置きもまた、理力操縦に感応して、シャクティごと浮遊力場で包みこむ姿勢制御キーとなった。



制御機構


顔がついているのは伊達ではなく、内蔵された理力球を元に、詠唱によって浮遊し、制御する主に相応しい器量と認められた場合のみ扱えた。人騎兵の巨大な機重を支えるためには、強い理力が不可欠だったのである。

自律した意思を宿しているわけではないにも関わらず、自ら主を定める誇り高き従者と呼ばれ、そのように扱われているのもまた、魔的な能力を維持するための、一種の儀式であった。



その伝説は青い輝き


祓い、清める、それこそが、箒の箒たる由縁である。
世界の深遠へと根を張り伸ばす木々、その形状を模した木製の箒には、やはり真理に触れる魔的な力が宿りやすい。

中でも、メタルライフという、地の底で育まれた鋼の木より生まれし命を元に、初めから同根たる人騎兵のためだけに作り上げられたアヴァターラハなる箒には、ある一つの伝説があった。

その穂が青く燃え立つのは、自らの存在を削り、燃やしているからだ、
その穂が速く飛べるのは、未来に目掛けて飛び続けているからだ、と。

それゆえ維持に膨大な資源を必要とし続け、それでもやがて役目を終えた時、主たるプレイヤーと共に、この世界から消え去るのだと、伝説はそう締めくくられているが、真実は誰にもわからない。

今日もまた、天空を青い輝きが翔け抜ける。



イラスト:春雨
テキスト:城 華一郎